飛び交うフライパンの業火

2009年10月28日 20:06

今の所週に一回か二回は確実に自宅のコンロの上でフライパンが踊り狂っている。
ついでに言えば,何と5年ぶりにフライパンなんか使い出した私自身がフライパンとちと油断すれば焦げ付きそうな焼き物との間で完全に踊らされている,つか焦げた。
まあ何せたかが自炊,されど自炊なのだ,以前住んでいた棲家が情け容赦無く自炊を拒否するような淋しい台所だったので本当に麺を茹でる以外の自炊が出来なかった。
特にフライパンなんか何をやっても火が通らない,一度だけ野菜を炒めたりしたこともあったけどまるで水が飛ぶことを知らず,どっちかと言えばスープの前支度かもはや煮物の風情だった。
旨くなかったのは言うまでも無い,一人暮らしだからと割り切れば確かに納得しなくも無いのだが・・・。

が,今の棲家は小さいながらも立派な台所に充分な火力のコンロも2基積まれているから,これは使わないわけにはいくまいと重い腰ならぬ微妙に重いフライパンを棚の奥底から引っ張り上げたのが今から数週間前のことである。
とは言えさすがに包丁はそれこそサビの塊と化して切れ味ボロボロだろうし,そもそも使う自分の技量がどう考えても技量と呼べないレベルまで落ち込んでいるから危なっかしくて何かを切る気には今はならない。
本気で怪我をすると判ってて突っ込むのは大馬鹿か勇者だけなのである,そして私は勇者では断じて無い,結果は見るも無残にしかならないのは明白だ。
てな訳で出てきたフライパンは専ら焼きそばかもやしとかの至ってお気楽な調理に踊り狂い踊り狂わせているのである。
それでもやっぱり調理の感覚は完全にどっかにすっ飛んでいるのか,どうもちゃんと炒められている気が余りしない,火は通っててちゃんと喰えるのだけどもうちっとは良く出来そうだと思うのである。
たかだかこの程度で成功率高くないのだから先は本当に長そうである,長すぎてそのままな気がしなくも無い。

そしてフライパンを復帰させてから大きな悩みが一つ発生している。
たまご」である。
たまご・・・こいつが調理,それも一人暮らしの自炊において無敵に近い戦闘力を持っているのはもはや否定する人は殆どいないだろう。
とにかくたまご一つとご飯でもあればもうかなりの料理をこなせることが可能だ。
日本人の自炊の味方のたまご,これを買ってしまえばひじょーーーに自分の食生活に貢献してくれるに違いない。

のだけども,ここに来て未だにたまごを一切買っていない。
たまごは確かに良い,良いのだけど同時に大きな問題も抱えていることを自分は良く知っている。
たまごほど高カロリー高たんぱくな食材も早々無いのだ,これは怖い。
例えば6個入りのたまごを1パック買うとする,大体たまごの消費期限は1週間かそこらだから実質1日1個はたまごを使うことになる,1日1個・・・
これが大したこと無いのかあるのか,それは各々方の判断にお任せしてしまうとしても,果たして自分のコレステロールは無事で済むのだろうか?かなり自信が無い。
自炊してなかった5年間自分は少なくとも家でたまご料理を食べることは一切無かった,作るのが不可能というのがそもそもの問題なのだけど,ある意味それで体重その他ミヨシケのカタログスペックは存外に安定していたといえなくも無い。
一時期牛乳が身体に悪いなんて怪情報が流布されてたけど,たまごに比べたら牛乳なんか本当に健康食じゃないかと思う。
勿論それでたまごが身体に悪いというのも余りに誤った考えだと思うけど,少なくとも威力は牛乳の比じゃないと思う,良くも悪くも。

さあて,ここでどうするべきか。
試しに買ってみただけでも完全に罠に落ちたような気にすらなってスーパーでも手が伸びつつ買わないという珍妙な姿を晒してしまっている。
この判断は正しいのか否か・・・。
スポンサーサイト

10月の蚊トンボ

2009年10月20日 01:55

夜更かしは身体に悪いと充分に知りつつこんな時間に記事を書いております,阿呆のミヨシケです。
実際の所毎日夕方辺り,普段何も無いなら定時でサヨウナラ出来そうな時間帯辺りが一瞬気が抜けてしまうのか本当に眠い,と言うかたまに寝落ち寸前まで陥る。
危ないことこの上ない。

そんなタダでさえ貴重な真夜中の睡眠時間をここ最近いきなり邪魔する恐るべき強敵が出現したのである。
それが何と「」。
正直ちょっと待ってくれよと言いたい。
何故なら今は読書の秋食欲の秋スポーツの秋惰眠の秋(?),秋真っ盛りも良い所の10月である,10月なのである
お決まりですが大事なことなので二回言いました,私個人的には二回じゃ足りない位だ。
最初は金曜の夜中,何気に土曜出勤となってイヤだイヤだと悶々としながらぐったり寝ていたら,急に丑三つ時に目が覚めた。
何かと思えば布団からたまたま出ていた左腕がやたら痒い。
なんだこれ;とうだうだしつつぼりぼりと痒い所をかきむしっていたものの,少々かゆみの程度がおかしい。
あれ,この痒みはかなり実に覚えがあるぞ・・・;段々覚ましたくも無いのに目が醒める,そう,痒い所が明らかに腫れて膨らんでいるのだ。
左腕だけと言うことは出したばかりの毛布のせいではない。
「と,言うことは・・・」ひじょ~~~~~~~~~にイヤな予感がしてその予感はものの数分で当たってしまった。
「ぷ~~~~~ん」と例の音である。

正直に言おう,かなりキレました。
顔面付近でその音がした瞬間,両腕を凄まじくぶん回して叩き落さんとするその形相は・・・寝ぼけてたこともあってかなり酷かったとは思う。
丑三つ時なのにも構わずしばし見えない敵に怯えつつ暴れまくること数十秒・・・,当然蚊トンボが落ちる訳も無い。
そもそもいくら「落ちろ蚊トンボ!」と言った所で,手をぶん回したら蚊トンボなんか落とせるわけ無いのである,何せあのサイズだし。
結局こんな季節なのに何故か,うちのコンセントにはしっかりと今もアースノーマットが陳列の上絶賛稼動中である,どう見ても季節外れも甚だしい。
服装に季節感が無いことに定評のある私ミヨシケですが,とうとう住処に至るまで季節感が欠如しだしたようです。
秋の夜空にアースノーマット,もうヤケ起こして蚊取り線香に退化してやろうか・・・。

実は未だに続いています

2009年10月11日 19:10

今の部署に転勤になって一つ気にしていたのが「果たして泳げる所あるかな」だった。
つまりプールがあるかどうか,勿論家族向けなレジャー的なプールではなく,あくまで「競泳向け」なプール」が,と言う所が問題だった,それも会社帰りでも行けてしまうような距離と営業時間まで,書き出すとえらくわがままな条件付けだけどこうでもないとこっちでも自主トレが続く気がしない。
趣味と言うか習慣と言うのはそう言うものだと思う。
そして意外とこの「競泳向け」と言うのがあるようで無いのだから悩ましい,最初に行った所は競泳向けでも殆ど小学生とかのスクール向けの所で,一般開放のエリアはかなり限られているのが難点だった。
だから狭いエリアに良い歳こいた連中がわさわさとせせこましく泳ぐほかなく,遠泳型の自分には相当辛い。
しかも子供向けのせいか水温が異常に高いのも困った,はっきり言ってぬるい風呂並じゃないかと思うくらいだ。
光熱費だって捻出するの大変だろうにとかいらぬ心配までしたけど,あまり水温が高いと遠泳には相当辛い,マラソンで曇り空の方が良いと言うのと同じことだ。
3~400m程度泳いだ辺りで水が身体に纏わりつくような感触になってどうにもきつい。
と言う感じでそこはすぐに諦めた。
そして二つ目に見つけた所は完全に家族向け,レジャーの類のタイプ。
となると当然競泳エリアはあっても小さいものだし,そもそもそうでなくても人が余りに多いから自分のようにのん気にグダグダと泳ぐ気にも全然なれなかった。

これはいよいよジムにでも行かないとダメなのか・・・と少々思案に暮れて繋がったばかりのネットで見ていたら,しれっと新しく温水プールが出来ているのを見つけた。
こう言うのがあるからネット依存症は止まらない,何せインプのナビではもう3年以上前の地図だから検索しても引っ掛かりもしなかったのだ,隣接する運動公園ならどうにか発見出来たのだけど,リアルタイムの威力はこんな時に絶大だ。
ともあれ新設のプールなので設備もかなり綺麗だし,何より良いのはそこが常設で50mプールであることだ。
栃木での経験上,ゆっくりでも長距離をこなすなら25mより50mの方が断然良い,ターンの回数が単純に半分に減るし,50m先までしっかり進めなければいけないという意味で精神的にも長距離をこなす感覚になるからだ。
栃木で行った50mプールと同じでここも競技用だから水深も2m級で深い,足場はあるものの油断すると本気で溺れそうだからその意味では要注意だろう。
一度泳ぎきって一息つこうと思ったら一気に足場から落ちてしまい焦った,下手に溺れています状態になると二度と泳がせて貰えないかも知れない。
さすがにそんな本格的な所だから「100m以上泳げない方は入れません」としっかり但し書きが付いている。
栃木と違うのは立地がかなり良いせいか,そんな本格的にも関わらず人が結構いることだ,大抵1レーン二人位は泳いでいる。
但し,自分のようにひたすら遠泳に徹する人は意外とマイナーなのか,大半はスプリントで50~100mのようだから,私のような鈍足スイマーでもそうそう渋滞を作ることは無く済んでいる。

おかげでかなり快適に水泳を続けることに成功しているのだけど,唯一の難点はそこのプールが1時間に付き10分の休憩を必ず入れることだろうか。
つまり連続で泳げるのは良くても50分でしかない,「でしかない」と言うだけに元々1時間=60分は行ける時は平気で泳いでいたからラストの10分追い込みが効かないのは少々物足りない。
自分の遠泳速度がまだ2km/hだから50分では行けても1.8km程度,切りも悪いのだ。
ここは努力して50分で2km目指せと言うことなのだろうか,たかだか200mが相当重いのだが。
ひとまず,しょうもない所でのストレスの発散場所は確保できたので一安心と言う所だろう。
ようやく週一回から週二回へとリハビリも本格的に出来そうなので,もちっとペースアップして行きたい所ではある。
週一回は鈍るのよね,マジで;

効いたかどうかは神のみぞ知る

2009年10月04日 20:07

私の場合,美容室ではなく床屋派だったりする,つまり軒先にあの見慣れたクルクルがあるお店の方が何だかんだ言って落ち着いてしまうのである。
元々丸坊主にも等しい程度の髪型にしかしてないこともあって,美容室に行くほどの努力もあまり感じないと言うのが一番の理由でもあるのだけど。
そんなこんなで毎回髪の毛が伸びたら床屋のお世話になるのだけど,所によっては途中で何故か肩を揉んでくれる所もある,あれっていつから出来たサービスなんだろう。
ちょっと前まではそんな店が皆無だった気もする,たまたま自分の行く床屋が全部やってくれてただけなのかも知れない。

で,折角なので床屋の肩揉みにのん気に身を委ねては見るものの,毎回「かなり張ってますね・・・;」と言うあまり有り難く無いご指摘を食らってしまう。
言われてから気が付くと言うか正直あまり自覚が無いので「そ,そうですかね?」と返すのがやっとなのだけど,ついこの間引っ越してから行った新しい床屋でも言われてしまった。
で,人間とはいい加減なものでこう言われてみるとそうか,私は実は肩が凝っているんだな,そう言えば何か肩が重い気がするのだけど実は肩が凝っているんだな,と如何にもそうだと思い込み始めるからややこしい。
かつて学生時代に誰かが半分冗談で肩を揉んでくれたのだけど「これは凝ってる凝ってないの問題じゃない,肩に筋肉なんか無いじゃねえか!! 」と悪いこと何もして無いのに半ギレされたことがある,そんな怒られても・・・。
その時点から今に至るまでおそらく自分は肩こりにはならんのだろうと言う思い込みでもしてしまったのだろう,それを今の今まで引っ張ってしまったのがそもそもの問題なのかも知れない。

ともあれ肩が凝っているのは間違い無さそうなので,と人生初整体に掛かってみた,りらくぜーしょんとか言う奴ですな,はい。
当然ながらこの手のが本当に本当なのかはお題の通り,「神のみぞ知る」と言った所だろうか。
たまたま買い物に行ったショッピングモールの3階にそれらしき店があったから,ふと床屋での顛末を思い出して暖簾をくぐってみたのだ,魔が差した,よりはまだまともだった気がする。
床屋さんがやってくれたのと大体同じ辺り,肩と首の交点からちょっと肩の方に離れた辺りをグッと押さえられるとやっぱり痛い,思わず身体の四隅がぴくっと反応してしまう。
さすがに痛すぎるので少々緩めて貰ったのだけど,それでも痛い,本当に結構やばいんじゃないか,大分凝ってるんだなとやっと実感出来たような感じだ,鈍感にも程があると思うが;
結局「背中と腰も結構きてますよ」と言われ,PCのディスプレイがお友達な職業じゃこうなってしまうのかなと諦めたようなそうでもないような・・・,ひとまず判ったのは運動しても肩の凝りが取れるわけじゃないと言うことだろうか。
プールなんて肩の可動範囲もそれなりに大きいから良いんじゃないかと思ってたけど,どうもそれとこれとは別らしい,もっとも肩こりが圧倒していてそんな運動程度じゃ戻りきらないとも言えなくも無いけど。

最初だったのでぱっと20分コースで終えた。
けどやはり肩は・・・何となく軽い,気がする・・・,少なくとも張りは減ったんだろう,力を抜くとストンと肩が楽に落ちてくれる,多分多少は効いたのだろう,さすがに肩が軽いと言うほど劇的じゃなかった。
その意味では今回行った所は少なくともヤブでは無かったのだろう。
いっそ店にだまされた気になって延長しても良かったかも知れないとも思った。
もうちょっと揉んで貰って肩が軽くなった・・・「気が」すれば効果としては充分じゃないだろうか。
次があるかどうかは何ともいえないのが本音でもあるけど・・・。