休み前のオイル交換

2009年07月29日 23:40

お盆休みの帰省前にインプのオイル交換を済ませてしまうのもここ数年でほぼ定番になりつつある。
何せここから実家までが片道で700km強,実家からあれこれで掛けて休み明けに戻ってくれば一気に1,500~2,000kmにまで下手をすれば乗ってしまう。
ここまでの距離をこなすのだから,例えば帰省してからとかその逆で実家から戻ってからだと,微妙に距離を過ぎてしまうことが多くて到着前に丁度調子が落ち気味になってしまうことが多かった。

ので,ここは大人しく帰省前にあらかた済ませておいた方が良さそうだと言うのが今の所の結論だ。
さすがにインプの古臭い,しかも過給器つきのエンジンではオイル交換をした所で燃費が良くなることは早々無い,エコカーブーム(と言うほど至る所で売れてもいないと思うけど)とは何せ無縁なこのクルマで燃費を狙うのもまあ無茶な要求と言うものだろう。
但し,エンジンそのものの調子からすればやはり劣化したオイルとそうで無いオイルとの差はそれ相応に明確だと思う。
勿論体感できるほど極端にパワーの差を感じることもなかなか無いと思う,実際今の所2,500kmほど走っている割にはあまりオイルの劣化の印象も受けない。
でも例えば信号待ちからのゼロ発進やふと追い越し車線での加速,或いはエアコンを点けてパワーを食いだすような条件に置かれるとなかなかこれが少々どころではない差を感じる。
やはり少々出力が落ち気味になるのは間違いないようだ。
ついでに言えばやはりオイルが劣化しだすとレブの感触自体は結構荒く感じるようになるから,良いことではないのだろう。

オイル交換はオイルの質より交換頻度。

これには全く同感だ,3,000kmと言う数字は自分のクルマには少なくともかなり現実的な数字だと思う。
自分のように基本が通勤街乗りとロングドライブではそこまで過酷な条件じゃないとは思うので尚のこと,そこまで質に拘る必要は無い。
感覚的に良いオイルを交換した方が劣化を感じるタイミングが少々遅れてくれているかな?そんな感じだから,実の所無理もせず純正でも何の問題も無いと思う。
夏場だけに熱が怖いので,純正の5W-30よりは少々高め(大体が5W-40)に振ったほうが良いかなとは今までの経験上感じているので,後は帰省の長距離遠征向けとでも銘打っているオイルにしておけばまず問題ないと思う次第だ。
オイルの種類銘柄を選ぶことは結構面白いので,¥に無駄が無い程度にさっさと交換を済ませてやりたいと思う。

この際,エコカーなんて流行の言葉ばかり聞かずに今の自分のクルマの調子と燃費をちょっとでも取り戻すべく,今までやって無いオイル交換なんか皆様実施してみては如何でしょうか?
・・・なんて,一番やらさ無きゃいけないのが実家の両親のクルマじゃないかとかなり不安でもあるのだけど・・・;
スポンサーサイト

トランスフォーマー流しそうめんの謎 リベンジ

2009年07月25日 22:15

元帥ことサムネさん が愛機セリカのエンジンをオーバーホール(OH)したと言うことで目下絶賛必死の慣らし運転中なのである,慣らしだけに何せ思い切り踏めないのだからもどかしいやらストレスも溜まるやら。
予定距離まではまだまだ掛かりそうな勢いらしい。
じゃあその一環でと言うことでかつて行った福島は流しそうめんを食べに行こうと提案したところ,かなり乗り気になってくれたので一年ぶりにかの地へ二人で赴くことにした。
聞けば随分流しそうめんをやってみたいとかねてから熱望されていたらしいから,今回は夏という季節的にもうってつけだったようだ。

慣らし運転と言うことで今回はあえて完全に運転はサムネさんにおまかせしてしまって自分は助手席でのん気に案内役。
高速も利用するのでETCの無い自分のインプでは少々役不足というのも実はあったし。
昼前に自分の家を出立して,一路東北道を福島方面へ北上する。
OH,と言っても一気にパワーを上げてきたとか仕様そのものには大掛かりな変更はさせていない(ハイコンプで圧縮比は上げてきている)しまだ踏める所まで進んでいないので,助手席でしばし感じた限り前回乗った時との違いは無いような感じだ。
元々OH前のエンジンの状態が良かったらしいから,普通に乗っている分にはその差は良い意味で発生していないのだろう。
ともあれ,サムネさんは素人観点でもクルマの操作だけでなく「運転」がかなり巧い人だから,乗せて貰っている自分はただのん気に地図を見ながら案内するのみだ。
とは言え,例の高速料金1,000円の影響なのか何なのか,高速に乗っていきなり渋滞に嵌ったのには驚かされた。
時間帯的にも普段は滅多にそんなこと起きないエリアだと思っていたのだけど,おかげで少々予定よりは遅れ気味。
目的が極論飯を食いに行くことだけなので,その時間帯に間に合えばさして文句も無いのだけど,少なくとも栃木を抜けるまでは妙にその渋滞が引きずっていて進みは悪い方だった。

とは言え前回の単独行とは違ってさほど迷うことも無く,無事に現地へ到着。
場所が結構標高もある山の上なので何せ景色も風情も充分,そこで食べるのも流しそうめんなのだから何せ贅沢な過ごし方をしたものだと思う。
渓流の一番手前側に座れたので最初は「上座だ!」とサムネさんと喜んでいたものの,いざそうめんが流れてくるとあまりの速さに最初は箸が追いつかずスルー連発の有様。
「これは実はスポーツだ!」と二人でやたら盛り上がりながら食い放題をしっかり喰いきった。
後で聞けばわざわざマジックミラー越しにいつ流せば良いか客の様子を見ながらやってくれているらしい,良く考えてくれているものだと思う。

その後はこの面子だと何故か毎度お馴染みと化している温泉巡りに土湯方面へ。
しかし,そんな歳でも無いのにこの二人何をそんなに風呂好きの温泉好きなんだろうかとふと思ってしまう,嗜好が合うのだからわざわざ福島くんだりまでしてドライブに赴いてしまうのだからそれはそれで非常に宜しいことなのだけど。
土湯温泉にしても割と何処も日帰り入浴が可能な温泉郷が多いのはこういった時は非常に有り難い,フラッと訪れてジャボンと浸って湯当たりしない程度にぐったりしながら出てきて気分転換,こんなノリ任せな動きが楽に出来る。
行った温泉がやったら熱かったので長居は出来なかったものの,久しぶりに湯舟にどっぷり浸った,これはやはり気分が良い。

ここ最近は実家の帰省以来特に県外へフラっとドライブすることも無かったものの,二度目とは言え行ってみればやはり楽しいものだ。
サムネさんも流しそうめんにもかなり満足されたようで何よりだと思う。
今度の帰省ついでにでもまたどこか全く明後日の方向へ逃避行の如くすっ飛んでしまおうかとも思う。
何か良い場所は無いか今から探しておいた方が良いのかも知れない。
行くなら東北でも日本海側なんかどうだろうかな,あるいはいっそ帰省のまま西側へ走るのも手だろうか。
なかなか考え出すと面白いものだ。

なにすらええんだか・・・

2009年07月15日 11:52

なんでまたこんな時間に急に記事が上がっているかと言われると,いきなり休みになってしまったからである,断じて「明日から来なくて良いよ」とか「もう君の机は無いから」とか言われたからではない,念の為。
まあ現実的に言えば買い取り予定だった休日出勤が結局振り替えに変わってしまって日程上こんな所に行き着いてしまったというのが答えなのである。
「土日出勤してでも間に合わせろ!」とご大層なことを言われた以上やるしかなかったのだけど,ここで挽回せにゃならんのが実に難儀だ,休んでる場合かどうかといわれると実際そんな訳無いのだが・・・,結局夜は悶々としながら寝る羽目になった。
ああ,あれもまだこれもまだ・・・Zzzz。

しかも参ったことにここまで急に,しかも前日にハイ休みと言われた所でさて何をしてやろうか決めかねてしまう。
さすがに一日では何かおおごとをこなすには足り無さそうだし,そもそも平日のど真ん中で体力を無理に消耗するのも気が引けてしまう。
かと言って毎週末のように何もせずぐったりしていると言うのもそれこそあまりに勿体無い。
買い物するにしても買うものも特にあるわけでも無いし・・・さて如何したものか,と本当につまらない我が身の生活観を嘆きながら至った結論がひとまずそんな事態をここに書き上げることだったと言うのだから,ホントに自分の生活って無趣味に近いよなあと嘆かざるを得ない。
こうやって何か書きながらでも考えていえば何かやることのネタでも思いつくかなあ・・・,と淡い期待をしながらつらつらと文字数だけは増えてゆく。

なるほど,こんなこと繰り返していればそらものぐるほしさの一つも感じてしまう訳である。
徒然過ぎるにも程がある,暇つぶしの文章が日本三大随筆になるのだからそれも凄いと思うが,あの仁和寺の法師め。
こう言う時間を巧く使いこなせる人って本当に要領が良いと言うか多趣味と言うか,或いはただの遊び好きと言うか。
何にせよ,まずは昼飯でもかじりながら何かしようと更に考えることにしよう。

何も変わって無いはずなのですが。

2009年07月07日 01:16

一体どうしたことか,インプの燃費が最近上がり気味である。

今のご時世を鑑みてインプ乗りである自分ともあろう地球破壊炸裂な阿呆が,ついにエコ運転でも始めたのか。
そんな運転する前にクルマ乗り換えろよとかそもそもクルマに乗るなよとか色々皆様言いたいことは良く判るのだが,そもそもそんな運転なんか一切していないし,多分金輪際そんなこと出来るほど真面目では無いのである。
クルマを見てからそういうことをおっしゃいと言いたい。
スキあらば朝だろうが晩だろうがどこぞのストレートでその危ない過給振り(未だにしっかり0.9bar近く掛かるのはご立派)を遺憾なく発揮させて,毎朝の遅刻を防ぎラーメン屋の閉店に間に合わせると言う情け容赦なく自分の人生に貢献してくれているのだから,今更エコドライブなんかやりようが無い。
たかだかドライブといえどもスポーツカーとしての動きは十分健在なのである。

しかし,最近県外まで遠出のドライブすることもあまり無くなっていると言うのに,確実にインプの燃費は上がり調子なのだから意味が判らない。
確かに遠出しない代わりに街中の渋滞に突入することも多少は減ったのだけど,それだけで燃費が上昇する要因にはならない気がするし,燃費の悪い運転自体は全然直してもいないから急に向上することは無いはずなのだ。
それなのに,ここ数回の給油でざっと計算すると確実に9.0km/lを超えているのだから驚くほか無い,元々エアコンもまだ稼動させないこの時期でも8km/l後半がせいぜいだったのに,今や軽く一割増しの結果。
そんなことある訳無いといわれそうだけど,そんなことはあるのである。
何が起きているんだろうかと思う。

出力は?↑の通り,過給圧は全然落ちてもいないし速度も加速の感覚も下がったようには全く見受けられない,上りも勢いよく走り切れるからトルクも決して悪い数字じゃないと思う。
エンジンオイルは?確かに最近メーカー純正から社外に交換したけど,季節柄5W-30が5W-40に上げてしまったので,粘度が上がった分むしろ燃費的には少々落ちるんじゃないだろうか。
それに,その程度でいきなり燃費が急に上がるはずは無いし,メーカー純正のオイルがそんなに悪いということ自体合点の行かない話でもある。
普通に乗るなら純正オイルは本当にベストなのは間違いないからで,冬場は本当にこれでよかった。
自分の乗り方は?それも↑の通り,さすがに感覚的にも慣れきっているから下手をすれば昔よりラフな乗り方になっているかも知れない,この辺は自分の主観じゃなかなか判断しづらい部分ではあるけど,唯一理由があるとすれば実は本当に自分の運転が丁寧にでもなったのかも知れない。
そうだとすれば結構凄いことだと思うのだけど,やっぱりそうじゃない気の方がしてしまうのが自分のセンスの限界なのだろう。
燃費が良くなること自体は至極悪いことじゃないのだけど,なんとも不思議な感じはしてしまう今日この頃である。