オイル交換は大真面目にやりましょう(何度目よ;)

2008年04月30日 22:30

試しにボンネットの開け方すら知らなかったうちの彼女の軽を半ば力づくでオイル交換に持っていったら,その帰りの道すがら「うおお,なんか調子が良い!」とその効果を「彼女が」絶賛してた訳で,つまりはその程度でしかクルマを扱ってない人間でも判るということなんだと改めて思った,ましてやたかだか50psもあるかないかの軽で実感できるのだからなおのこと,だ.

そんなこんなでいつもより若干引っ張った後に自分のインプのエンジンオイルを換えた,どれにしようかとかあまり考えずに行ったので取り敢えずふと眼に入ったレスポ,何か去年も実家に帰って来た時はレスポを入れていた気がするが,極端に値の張るタイプでもなかったし粘度もこの辺が一番じゃなかろうかと思っているのがあったのでそのまま真似したようなもんだ,まだ時期的にも5W-40で余裕だろう.
元は実家に帰省する直前くらいに距離からしても「そろそろオイル換えないときついかな」と言う感触だったけど,さすがに交換してすぐに往復で1,000㎞以上走るのは勿体無さ過ぎると思い実家に帰り着くまで引っ張っておいたのだ.
その手の感覚に極度に鈍感な自分ですら微妙に判るような感触の悪さのまましばらく乗っていたおかげで,交換した後の調子の良さ加減は言うに及ばず,「うん,やっぱ換えなきゃ駄目ね」と一人悦に浸る有様.
そこまで燃費に拘るならまずオイル交換でもしてみたら?とかそこいらじゅうを走る軽と軽トラ(田舎なので特に多い気がする)を眺めながらフラっと街中を一回り.
軽トラはともかく,確かに目立つほど燃費が上がる訳でもないが長期的に見れば明らかに効果はあると思う,自分からは何もせずいたずらにクルマに全てを求めるのはやはりナンセンスだ.

しかし一通り市街地を走って改めて思った,福井県って運転のマナーかなり悪い;
ここに書いたこともある通り栃木は死亡事故全国一位を争う位運転環境は悪い,悪いけどマナーで言えば明らかに福井の方が酷いと本気で思った,むしろそんなこと思うとは思わなかった.
ウインカーを鳴らさない,車線変更は唐突に,無駄に飛ばすかと思えば右斜線でも脅威のノロノロっぷり,そして標識が無いのを良いことに情け容赦ない路上駐車,正直怖い,マジで怖い.
車の台数の絶対的な少なさでどうにかなってるんじゃないかとすら思う,県外から来られる人は気を付けましょう,ホントに.

それにしても例の騒ぎのおかげで国道沿いのスタンドには本当に行列が出来ていたのにはちょっと驚いた.
きっとどこかのスタンドではTV局辺りがインタビューでもしてるのかしらねえと余計なことまで考えてしまったけど,確かに元に戻るだけとは言え一気に30円近く上がるのは痛い.
ガス代が高いからと言う理由でインプを手放す日が本当に来るかもしれない.
そんな不安に駆られながら自分は人里離れた実家の近所のスタンドで給油,当然行列は無し.
何かテンション上がったり鬱になったりと妙な休日が続いている.
スポンサーサイト

実家に帰ったその日に2㎏太るとか

2008年04月27日 20:48

さすがに移動疲れもあったからと言って,帰省して昼飯食った直後にそのまま寝たのは良くなかったかも知れない.
しかも前日の晩には会社の後輩たちと回る寿司食いに行って15皿ほど食ったし,さすがにカロリー消費しすぎ,それでも後輩3人のうち2人は普通に20皿越え,しかもそのうちの一人なんか25皿に更にデザート3つとかちょっと信じられない光景を目の当たりにしてしまった.
自分も結構食べる方だとは思うのだけど,さすがに上には上がいるもんだと改めて思った,但しその男は大方の予想通りご立派な肥満体系だったと言うのだけは付け足しておこう.

と言うことで,兎にも角にも今は実家の福井県某所に潜伏しつつこれを書いてる訳であります.
巷じゃ「休みたいなら辞めてくれ」で盛り上がってるようだけど,多分あれが世の中の(それこそ世界中の)経営者の偽らざる本音だろう,立場考えたらその科白が出てきても止むを得ない気はしなくも無い.
逆に言えば立場が全く逆さまの軟弱な自分からすれば「休みも給料もたらふくよこせこんにゃろう!」と言うのが偽らざる本音,そりゃ働かないのに給料だけ取るような泥棒猫にはなるつもりは毛頭無いけど,土日出勤して12日ぶっ続けで働いたらさすがに最後の日辺りはフラフラだったから,単純な健康的問題として休みは要る,ふらついて事故起こして仕事止まったらまた厄介だし

ちなみにうちをはじめ,自動車業界は「○○の日」のような月曜休みが基本的に存在しない分,大型連休に集中させる傾向があるようだ,ある意味この方が過ごし易い気もしなくも無い.
と言うことで休めるうちにたっぷり休ませて頂こうと思う,勿論太り過ぎない程度に.

こうなったらデルタは通販で買ってくれよう

2008年04月25日 21:55

結局行きつけの模型屋には売ってなかった訳で.
相変わらずのラインナップで人気がある上に,元々の出荷数自体そんなに多くないみたいだから,一旦タイミングを逃すと当分は買えなくなってしまうのが困り者だ.
まあそのための通販だし,折角だからおまけで何か武器セットも買ってしまうかと企んでいるのだけども,その前にようやくこちらの御仁もちゃんと完成の域に.
それにしても仕事の忙しさもあって随分時間が掛かってしまった.




本体のプロポーションがかなり良い割に,フル装備にすると思ったより上半身がか細いなと言う気がしなくもない,最大の特徴たる脚のボリュームが圧倒的だからというのもあるとは思うけど,上半身は基本的に中量級の構成だからこんなものなのかもしれない.
実際肩に余っていたエクステ乗せてみたら一気にボリュームアップ.
とは言えそれでも屈指のごつさなのには変わりない.

NEC_0088.jpg

と言うことで元祖重量級のセレナと並べてみると,全然勝負出来る,全幅ではさすがにセレナが圧倒してるのだけど全体で見ればほれこの通りと言った風情だ.

しかし社会人になってから数年はプラモなんか触ってもいなかったので,元来の手先の不器用さも手伝ってどこまで続くか結構不安だったけれど,どうしてどうして.
気が付けばかなり不定期ながら確実に押入れのプラモの箱のスペースは増えていってるから,我ながらこの好きもの振りには驚かざるを得ない.
デルタが売ってなかった際に腹いせにこいつでも買ってしまおうかとか思ったくらい.
基本的に色とか塗らない派だから結構しっかり仕上げないといけないクルマとか飛行機にはなかなか手が出ないのだけど(その手のは素組みでは全く出来が良くない),折角だからそろそろガンプラの方にも一度復帰してみても面白いかもしれない.

とか言いつつ,久々に土日休みなのです

2008年04月20日 23:23

まあ二日休みがあると本当に色々出来るわ,と言うより本当に休めるわと思いました,無くなって見てその有り難味が初めて判るとはよく言ったもんだと実感しまくってます,身体にも精神にも直接来ることだけにね.

兎にも角にもこれこれしかじかかくかくうまうま(元ネタ知ってる人がいたらちょっと驚く)土曜は土曜で15時まで寝ると言う驚異的な暴挙に打って出て(しかも寝たのが1時だから14時間睡眠)徹底的に体力温存作戦に打って出た,もう全身全霊でもって国(?)を挙げて寝まくった.
途中3回位目が覚めたけど時計見て昼になっても「まだ寝れるな」と意味不明な思考回路の元さらに熟睡.

しかしそんな時に限って何故会社のアパートから引っ越した夢なんか見たんだろうか.
この手の夢の怖いのは中途半端にリアルな所に尽きるわけで,今回も漏れなくほかの先輩社員もしっかり引っ越した設定になってたり通勤時間がどうのこうのとか語ってたりと,ホントに中途半端にリアルだった,自分なんか引越しした早々に何故かベランダに水まいてたし.
引っ越した先はアパートと言うより殆ど借家みたいな感じで今の部屋に比べるとやたら広かった,1DKと言った感じか,そんな間取りあるのかね.
日当たりは微妙に悪いのだけどベランダがやたら広い,と言うよりもはや庭付きの様な感じでとても会社が借りてくれるような代物ではなかった,この辺りが夢らしく変な設定,しかし当の本人は完全に引越しも済んで「出勤時間長くなるな・・・」とか愚痴こいてる始末,勿論夢の中で.
そして極め付けが何故かその新しい住まい,近くに海があるらしい
…栃木県って内陸だよな?と,後から突っ込んだのは勿論起きてからその夢を反芻しているときだった.
全く以って変な夢としか言いようが無い,一体自分はどこに引越ししたんだろう,通勤時間2時間とか考えたくもないのだが・・・
確かに部屋が狭いのが今も不満だけど引越し願望なんか無い,何の暗示なのだろうか.

さすがに起きて15時,しかも外は暴風では出掛ける気も起きないので,大人しく引籠もってこいつを仕上げに掛かった,この手の趣味はやはりまとまった時間がある程度無いと続かないと痛感する,おかげでようやく本体は完成.
NEC_0041.jpg

鉄道博物館2

毎度背後に陳列してる緑の急須はさて置いて.
相変わらず出来が良いと感心してしまう,しかも肩の装備とか無しの状態でこのプロポーションの良さは今までの中でもベスト,ここまでの出来の良さは他ではヴィクセン位じゃなかろうか.
ベースの色がホワイト系統なのでかなり墨入れは多めにやったけどその甲斐はあった,本当はイエロー塗らないといけない部分まで黒く塗りつぶして重い風情にしてしまったけど,素組みレベルの自分にとってはここまで出来が良いのは嬉しい限りだ.


日曜は日曜でようやくインプのヘッドランプのバルブ交換.
バルブまではちゃんと買ったのにいざ取り説を見ると,「スバルのディーラーでやって下さい」と書いてあるだけで何にも交換方法を書いてないので少々不安になった.
多分光軸のズレとかが発生するからちゃんとした確認が必要なのだろう,しかし今更頼む気も起きないのでどうにかやれんものかとボンネットを開けていざ始めて見たら,カプラー引っこ抜いてバルブを抑えてるスプリングをパチンと外して後は逆戻りするだけ,文字通り呆気無く5分で終了
NEC_0051.jpg

これを引っこ抜いて.
鉄道博物館4

ぱちん,はい終わり,取り説無くてもすぐに判ってしまった,リヤのほうが余程面倒だと思う,勿論ちゃんと点くようになりました,やれるもんは自分でやってしまうべきだと毎度ながら痛感.

まあやりきったのはその程度だけど文字通り休みらしく休みきったと言う週末だった.
こう言う休日の過ごし方も悪くない,さすがに寝すぎた気はするけど…
[とか言いつつ,久々に土日休みなのです]の続きを読む

最近土曜出勤が多い

2008年04月16日 20:14

と言うより何気に5週連続,おかげでやはりと言うべきか色々とやりたいことがある割には時間がないという状態が続いている訳です.
ここの記録も結構間が空いてしまった気がするし.

よく他人に「お前休日何やってるの?」とあからさまに無趣味人間扱いされていることがよくあるけど,実際趣味的に何かやっているかと言うとせいぜい遠出するか泳ぎに行っているか位だから確かにさほど趣味に興じてるとは言えない,なるほど端から見ればそう言う人間に見られても確かにおかしくは無いだろうとか何となく納得は出来てしまうのが良いのか悪いのか,他の人間があんだけ多趣味な方がおかしいと思ってしまうのは少々ずれた考えだろうか.
と,まあ趣味の領域はさておいても休みが一日少ないというのはやろうとしたことが出来なくなるのには十分なダメージには違いない.
休日出勤分の給料は情け容赦なく請求した上でふんだくってるので幸か不幸かそのものはどうにか黒字経営で推移していて先月の大赤字も(タイヤまで買ったのは痛かった)ちょっとは補填出来た気もするが,時間がないと折角稼いだ¥を使う機会も出来ないのでそれはそれで何とも勿体無い話だとは思う.
会社の後輩に「金は使うためにあるんですよ」と,ある意味悟りきったような台詞を抜かされて驚愕してしまった記憶があるけど,確かにただ¥があるだけでは何の意味も効果も無いのは事実だ.

さてどうするか,と言うのがここ最近の悩みでもある.
やりたいこと,と言うよりやらなきゃいけないことは結構ある.
インプのバルブが切れたのでさっさと交換したいし(バルブまでは買ってきてある),何気にこちらの方も未だに途中までしか組めていない,折角4脚まで出てきたと言うのに.
その他あれこれ買い物もしたいとかあ~だこ~だ企みごとはあるのだけど,やはりこの際大型連休まで引っ張ってしまった方が良いのだろうか.
もっと言えばこんな愚痴めいた内容しか書けないくらい,ろくろく何も起きていないし起こしてもいないと言うのも結構な悩み事ではある,少なくとも本人は日記としては扱っていないから無理に書く必要もないのだけど,全く書かないのも何やらサボり気味のようで精神衛生上は良くない.

こう言うのを億劫とでも言うのだろうか,さて本当にどうするか・・・

何気にかなり悲惨な事態じゃなかろうか

2008年04月10日 23:52

こうくるとはね,予想出来ない事も無かったけど一足飛びなくらいな展開だなあとさすがに驚かされた.
よくあるパターンならまずはダイハツとかトヨタでプラットフォーム共用もしくはOEM辺りじゃないかと思うけど,いきなりあらかじめ「もううち造らんわ.」と言い切っちゃって良いものなんだろうか.
数年後の予告をされても皆逆に困ることも多い気もするのだけど.

確かに往年からすれば富士重の軽が余り売れていないのは事実だけど,さすがに撤退するほど酷くも無かったんじゃなかろうか,少なくともサンバー辺りは農協と赤帽のおかげでそれなりのポジションを守れていたはずなのだけど,利益の少ない割に労力が掛かる(実質普通車より凄い時もあるらしい)軽の開発はかなりの重荷だったのかもしれない.

とは言えそれにしても勿体無い,ダイハツやスズキの勢いが凄まじいのは間違いの無い事実だけど,軽,特に軽トラと言えば富士重は欠かせない存在だっただけに残念.
しかし,そうなると将来赤帽のサンバーは何になるんだろうとか,いらんことを考えてしまった.
専用のスーチャー装備車なんかどこも造ってないのだが・・・

マーフィーさんなんか嫌いだ

2008年04月07日 23:55

「洗車しはじめると雨が降る。雨が降って欲しくて洗車する場合を除いて。」
いわゆるマーフィーの法則の典型的な例としてよく挙げられる↑の文言,一体今までに何億人のクルマ好きと洗車好きが(意外と洗車好きという人種は多い)がこの法則の為に泣いてきたことか,自分は今日泣きました,そこらのアメダスひまわりなんぞ目じゃない位のこの降水確率はどうやったら可能なんだろうか.

何せこの時期冬のきつい汚れも全然洗ってやってないし,春は春になったらで花粉と黄砂と思しき粉末の類が情け容赦なく降り掛かる.
実質自分で洗車すると言う意味では半年近くは(その間に一回洗車して貰ってはいるが)ほったらかしのインプをどうにかせねばと思ったものの,時間も体力も不足気味だったので結局洗車機で思い切り妥協.
ひとまず思い当たるスタンドがエネオスだったのだけど少々不満もあった,何となくだけどエネオスの洗車機はあまり落ちない,気がする・・・あくまで個人的な感想なのでご容赦を.
しかし本当に余り綺麗になったと言う良い印象は実際無い,洗車機なんだからそんなものと言われればそれまでだろうけど,JOMOはもうちょっと隅まで汚れが落ちてくれた気がする.
とは言え背に腹は換えられずちょっと高めのメニューを選び,洗車機で洗った後ご丁寧に布拭きをし,挙句に室内まできっちり掃除した,この時期は窓を開けて走ることが多いから意外と室内に花粉が入り込んでいることも多い.

さて,意気揚々と洗車を終えて迎えた本日月曜日,朝はまさに快晴.
普段の近道にのろいクルマも皆無だったこともあってタダの通勤も随分気分が良く運転できる,桜並木の真ん中を突っ切るのは時節柄本当に気持ちも良い.
しかし
憂鬱になりがちな月曜にしては上出来だ,と出社するとふと同僚が一言.

「今日って天気崩れるらしいぜ」

・・・もしここで自分が「今日洗車したのにマジかよ!?」とか言っていたら午後にでも大雨になっていただろう.
しかし言うわけには行かない,それはすなわち敗北宣言だからだ.
言ってなるものか,今日が雨だなんて考えもしないようにしてくれる,それ位のテンションで一日を過ごしていたのだが,この時自分は「想像した時点で負け」と言う完全無欠の法則に組み込まれていたことに気が付かなかった.

まあ,結果はもはや言うまでもありませぬ.
洗車機とは言え結構時間掛けてあっちこっち拭いたのに・・・
こういうので洗車する気無くす方って結構いるような気がする,自分はなり掛けです.

4月になった

2008年04月03日 23:59

と言っても,さすがにこの年齢になってくると「さあ新年度だ」みたいな気持ちの切り替えのようなことは起きようも無い.
仕事にしても部署変更もないし前年度の仕事は山ほど残っていてそのまま継続な訳だし,実家に帰省するようなイベント的なことも無いから正月とは比べられないほど時期の切り替えを実感することは無い.
GT40さんや大学の後輩達のように今年から社会人になるとかあるいは脱サラした奴とか,時期的に節目を迎える人も沢山いるけど彼らの心境はどういったものなのだろうか.
今時だからそんなに意識する人の方が少ないかも知れない.

そんなことも考えつつも気が付けば良くも悪くも社会人5年目になった,なってしまった?と言ってもあんまり間違ってないような気もするが,その辺はさて置いておくとしても本当にあっという間に4年過ぎた気がする.
平日は殆ど会社に入り浸って何かしら作業をしているから,時間のことをいちいち確認する暇も無いと言った感じだろうか,気が付けば出図の締切になり報告の期限になり立上がりの時期になっている,毎日がそんな感じだ.
仕事絡みである以上その手の日程はある程度は意識出来るとは言え,ことこれが自分の私生活になると一気にガタガタになるのだから情けない話だ.
「○○の日までに△△をしよう」とか言う自分個人での目標なんかまるで達成されていない,バイクの免許とかどこぞへ旅行に行こうとか何かしらの資格でも取ってやろうとかはたまた何か高価なものでも買ってしまおうとか,本当に何でも良いから何か目標めいたものがあった方が何かとやりがいがあるし,そもそも行動そのものもやりやすいんじゃなかろうかと思う.
会社の週報か何かにも目標がどうのこうのと書いてあったけれど,そんなに高尚な物でなくてもちょっと先を見据えてやってみるとなかなか面白いというのは間違いないことだろう.

とか格好つけて言ってみたものの,肝心の自分にはそこまでの目標がまるっきりと言って良いほど無いから情けない限りだ,こんなんだから休みの日は昼まで情け容赦なく寝ていられるんだろう,それはそれで精神衛生上はかなり宜しいのだけど.
さて何をしようか,プールで泳ぐ距離を伸ばすとかインプに乗っかりどこぞに遠出しようとか思いつかなくも無いけど,もうちっと何かやってみても良いんじゃないかと考えている.
無理に趣味を増やすつもりもないし金銭的な余裕も皆無だから大仰なことに手は出さないつもりだけど,果たして何か良いものは無いだろうか.