3月末の福島ってこんな寒いのね;

2008年03月31日 22:12

てなことを会社の後輩と愚痴りつつ今年もD1開幕戦を観に福島県はエビスサーキットまでひとっ走りしてきた.
久方ぶりの高速巡航だけど何せ東北道,上りがかなりきついのでそれ相応のペースで行こうとすると終始スロットルの開度はかなり開け気味,ブーストもところによっちゃ0.5まで平気で上がっていく位だし,曲がりも高速にしてはうねってる方なので道中は結構楽しめた.

それにしても今年は随分と接戦だったと言うかかなりの接近戦を何回も観れたので,見応えがあったと思う.
自分のいた観戦席は丁度最終コーナーへの飛び込みを後ろからはっきりと見れる位置だったので,2~3コーナーでの入り込みは見えなかったものの,最終コーナーでの壁際ギリギリ(今年もガードレールこすって火花飛ばすマシンがいた)の進入の凄さを何度もお目に掛かれた.

D1の特徴として使っているタイヤが一般の市販タイヤと変わらないと言う点がある.
おかげで今年はブリヂストンやダンロップ,グッドイヤーまでが新型タイヤをしっかり持って来ていたし,TOYOや横浜も勿論多数参戦,TOYOに至ってはチームまで編成して参加すると言う熱の入れよう(その甲斐あってか昨年のチャンピオンはTOYO勢).
そういったかなり激しいタイヤ戦争も背景にあったのも,今年の接近戦振りが連発された一つの要因かも知れない,おかげで観客が皆「おお~~~!!」と思わず叫ぶような後わずかでクラッシュする位の超接近戦を観れたのは何とも有り難い話ではあった.
後は寒さと風上に座ってるおっさん連中の酒とタバコの臭いさえなければ(タバコはモロに副流煙を吸いまくって喉が痛くなった;),文字通り理想的だったのだけどその後風呂にもゆっくり浸かれたしまあ良しとしよう.
随分疲れてしまったけど久々に充実した休日を過ごせた気がする,何か「遊べた」って気分.

[3月末の福島ってこんな寒いのね;]の続きを読む
スポンサーサイト

くどいようだけど経験は馬鹿に出来ない

2008年03月26日 23:48

会社の上司の送別会があった.
しかもその上司は何を隠そう自分が栃木に転勤してからずっと直属で色々とお世話になった方だから,ちゃんとお礼の一言も言わなければ行けないし,当然彼の送別会なのだからのうのうと自分だけ素面でいる訳にもいかない,社会性がどうのこうのではなく単純な礼儀としてそうあるべきだろう.

と言うことで,滅多に酒を飲まない下戸としては(勿論甘いもの好き)それ相応に飲んだ.
そして会場はいつもの如く駅の周辺なので自分はインプで会場に来た,つまり帰りは飲酒運転など出来ないので代行を呼ばなければならない.
そこで過去の苦い経験が頭をよぎる.
正直赤の他人,それも悪い意味での職業的なドライバーにインプのステアリングを預けたくなかったのだけど,まさか「MTの運転が上手い代行呼んでください.」なんていって通じるはずも無い.
「あ~またやられるかも知れない」と半ば祈りつつ半ば諦め気味に大雨の夜空を恨めしく眺める他無かった.

ところがいざキーを預けるとこれが存外に「普通に」運転してくれているから驚いた.
無駄に長い半クラで文字通り無造作にクラッチを削るような操作は皆無だし,無駄にアクセルを踏み込んで加速させることも無い.
信号が赤だと気づくと信じられない距離からギアをニュートラルにしてエンジンブレーキを殆ど使わないのだけは如何なものかと思ったけど,初めて乗ったにしてはかなり良い乗り方をして貰えたんじゃないかと思う.
聞けばその人,屈指のMT好きで今でもZ32のMTを乗り回しているそうだ.
すっかり話し込んでしまい,曰く「ATは余り好きじゃないんですよ.」とか「パドルシフトは全然性に合わなかった」とか「MT乗ってる人の方がクルマ大事にしてますよ」などなど,なかなか偏った素敵な志向の持ち主だと判った.
その上で最近の客の9割はやはりATだとも聞けた,現実新車登録の9割以上がATらしいから時代なのだろうかとも思えた.

「うちのドライバーは殆どMT乗りですよ」としなっと最後にアピール(?)もされたのだけど,そう簡単に口からでまかせとも断じられないのは今日の結果が何より示してくれている.
ただやりこんだだけの経験なぞ当てにならないけれど,されど経験を重ねることも非常に大事なことだ.
助手席でその人が運転するのを見ながらふと「果たして自分は上手く運転出来ているのだろうか」と不安になった,実はこの人より下手なんじゃないかとも思えてしまう.
果たしてインプの助手席に座ったことのある人は自分の運転をどう感じているのだろう.
「男ってクルマの運転とセックスで『下手』と言われると相当へこむ」って誰かから聞いたけど,こと前者に関しては全く以って間違い無いと思う.
今ここで「あんた下手」と言われたら立ち直れる自信が無い.

白鵬vs朝昇龍はガチ

2008年03月23日 23:04

と,久々に見たTVの中で先場所の取り組みを見ててそう思った,やっぱり互いの実力が高い上に拮抗してたらこういう取り組みも出来るんだよなあと感心した次第,タイヤ屋の待合室の中で

折角フロアジャッキまで買ってやる気満々で(とは言えジャッキ自体は3,000円もしない格安品)自らの手でラジアルタイヤに交換してくれようかと意気込んでフロントタイヤを外した所までは何の問題も無かった,そこまでは.
交換する方のラジアルも実は溝が殆ど残ってないところまで使い込んでいたから,ひとまずはその場凌ぎさえ出来れば問題ないと割切って,その中でも溝の残ってる方をフロントに使おうかと選別を開始したらば,

鉄道博物館1


んん??
これってまさか,刺さってる・・・?;
どうにも石か何かがめり込んでいると言う風情ではない,よくこれで今まで空気が抜けなかったものだ,この時点では事実空気は全く抜けた様子は無し,気が付かないはずである.
と,言うことで.
まずは事実確認と恐る恐るラジペンでキュポン!と引っこ抜いてみたら.

鉄道博物館2


ぷしゅ~~~~~~~~~~~
ああ,いい風だ~今日は暑いし作業してるからねえ,ってまあ感心してしまうくらいのでかい穴,それもよく見たらタイヤ4本の内2本に刺さっていたと言う顛末.
ここで友人一人目にようやく電話.
友「パンク修理キットで直せるぜ?」
ミ「そんなんで大丈夫なのか?」
友「まあ,どうせ溝無いなら換えたら?」
とありきたりな結論に.
しかしこの釘,よく見ると.

NEC_0041.jpg


むしろタッピングねじ(木板とかにねじ込んでいくねじね,先の尖った)だなこれは,しかしなぜこんなものがタイヤに・・・
ここでふと自分のフロントリップを嵌めた時のことを思い出す,そう言えばバンパーにタッピングねじで押し込んだ.
つまりサーキットで誰かが吹っ飛ばしたエアロの取り付けに使っていたねじを,後から走った自分がそのまま拾ってしまったのではないか.
原因は判明,後から友人二人目にも色々聞いたらフロントタイヤが弾いたその手の「ゴミ」をリヤタイヤが拾ってしまう場合があるらしい,なるほど溝の多い方にまとめて刺さった理屈に合う.

と言う訳で,その場凌ぎで使い切ってやろうと企んでいたより一足速く新品タイヤに交換が決定,あっけなくフロアジャッキの出番は消えた;
パンク修理剤で直すって手もあるらしいんだけど,元々交換する予定だったし高速走ったりとこの先負荷がでかいことも不安だったから大人しく換えてしまった.
投入タイヤはこいつ,STARSPECはさすがにオーバー過ぎるし何せお値段も張る.
メインがドライブでたまにハードに使うってならこの辺で十分だと思う,快適性との両立って言う割にはかなり堅くなった感じがするけど.

NEC_0045.jpg

と言うことで16インチ復活,タイヤだけ無駄に綺麗です,当たり前だけど.
ぱっと第一印象となると,当たり前だけどスタッドレスに比べたらホントに乗れる,タイヤの剛性も随分差があると思う.
ちょっと速めに曲がった際の「グニャ」って感覚が随分消えるから(素人の自分でも結構判る)走ってて随分楽しくなった,やはりこうでないといけない.
新しいうちに一度ハードに攻め込んでみたいものだ.
[白鵬vs朝昇龍はガチ]の続きを読む

特許の虜

2008年03月20日 00:13

担当チームが変わって多少はやることも違うようになったかなとか思った,最初は.
しかし気が付いてみればまたしてもパテント(つまり特許)関係絡みであっちゃこっちゃ弄ったりレイアウト考えたり図面描いたりと,相変わらずの難関だらけ.
この手の問題を解決しようとすると,仕事の処理能力と言うよりは単純にネタの引き出しが豊富な人間の方が進めやすいと言う事実があるから,その手の発想力に書ける自分からすると非常に厄介な業務なのです,アイディアってのがどうも苦手,典型的な日本人ですわたし.

担当が替わってから結構経つけど,丸一日考えまくってもまるで進まないこともあればものの数時間で一通り終わることすらあるから,やってる本人でさえ実は業務の予定がきちんと立てられてない.
サービス残業には勿論反対だけど,ただいたずらに時間だけ過ぎて何も仕上がってないというのも給料泥棒な気がして余り良い気はしない,事実余りにグダグダな時はもはや帰ってしまった方が良いのではないかとすら思える時もある.

そんなこんなでふと こんなのを見つけた
こう言うのにも結構な数のパテントが申請されてるんだろうなとか,ある意味全然関係ないことを考えてしまった.
日本精工自体それ相応に有名だと記憶している.
でもでかでかと独自開発の樹脂と接着技術なんて書いてある辺り,見てみると結構凄いことやってるように見受けられる.
接着”技術”って辺りなんか特にそうで,本当にその企業でしか出来ないようなとんでもない工法とかテクニックなんかが目白押し.
ここだけでも今までの実績から含めてかなりの数のパテントが出ているんじゃなかろうか.

特許庁辺り調べると一覧はあるそうなので一度見てみるのも面白いかも知れない,そんなことを考えてる時点で立派な職業病なのだけど,まあそこはさて置いて頂こう.
ちなみに特許関係の書類,一読すると凄まじく難解な書き方されています,特に工業関係は読み方のコツさえ掴めばそうでもないのだけど,明らかに常用で無い表現も多々あってそれを解読するだけでも全く暇しません.
こんな文章書ける方が凄いと思う.

女性物の店に入るのが恥ずかしいかどうか,は気にしてられない

2008年03月16日 23:22

弟が大学に受かったと言うことで何やら進学祝でも買ってやらねばなるまい,と思っていたらよくよく考えると3月は父と母の誕生日でもあることに気が付いた.
まあ3月は年度末と言うこともあるけど物入りなのは確かに物入りだ,彼女も誕生日が3月だし祝い事とは言えなかなか財布はお寒くなってしまう.

と,言う事で弟とついでに両親にも何か欲しい物はないかと伺ってみた所,母は「じゃあ今年もカバン」父は「別に何も要らん」と言う見事に身も蓋も減った暮れも無い回答が.
折角こっちが買う気になってるんだから何も要らんはなかろうにと思いつつ,こうなったら勝手に買って贈ってくれようと半ば意地になる自分.
そう言えば去年もそうだったけど二人に何か欲しい物は?と聞いたら母がカバンを欲しがって父は酒を欲しがっていたことを思い出した.
何となくだけどこういう贈り物の類,女性はそれこそアクセサリーとかカバンとかある程度使い続けられるものを欲しがるのに対して,男性は(男に贈り物をすることもなかなか無いのだけど)食い物だったり酒だったりすぐに消費しきってしまえるものを欲しがるような気がする.
もしくは今回の親父殿のようにもはや「いらねえ」となってしまうぶしつけ者までいるのだから,その手の贈り物には無頓着なのだろうか.
自分は頂けるなら結構喜んで頂いてしまう性格なのだから男女の性差ではないかも知れないけど,「別に欲しい物は自分で買う」と割り切った考えも悪いとは言えまい.

ともあれ,母に贈って父に贈らないのはさすがによろしいわけが無いので弟に贈るもの含めてあ~でもないこ~でもないとあっちゃこっちゃ物色しつつどうにか全部決定.
あらかじめ具体的に欲しいものを言ってきたとか同性のはともかく,一番決めるのに難儀したのは予想通り,「カバン」と一口に言ってもそれこそ用途からサイズにあげくはこの色この艶この形まで千差万別.
挙句の果てに女性物とくる訳だから果たしてどれが良いのか,去年もカバンだったこともあり似たような物はマズイし,若すぎても年寄りすぎても怒られるだろうしといつにもまして散々悩まされた,それも勿論全部女性物の店の中で
こちとらやましいことなんか皆無だし実際女性物が欲しい訳だしと,殆ど他に男性客がいないのを知ってても何も気にせず臆することなぞまるでなく堂々と物色してたのだけど,逆にそれが怪しかったのかどうなのか,ある店では店員さんに「…プレゼントですか?」と思い切りおろおろされながら尋ねられた始末.
いっそ「いえ,自分用です.」と言い切っても面白かったかも知れない,その後留置所に直行と言う可能性もゼロとはとても言えないのだけど.
こんなうだつの上がらない野郎が女性だらけの女性物の店にいたらそら怪しまれるのも仕方ないかも知れない,それはそれで釈然としないのだが.

ちなみに弟に買ってやったのはこれ
いつぞやカメラが趣味になったとは聞いてたけど何気に今回のプレゼントで一番高かった;
もう当分は買ってやらねえことにしよう.

鼻が詰まると

2008年03月12日 01:00

異常なまでに集中力に欠けるのは毎度毎度の困り者である,これだからスギ花粉が出回る春先は嫌いなのだが.
医者によっては花粉症は治せるらしいが本当なのだろうか,アレルギーの一種のようなものだからそんな簡単に治るとも思えないのだけど,逆に言えば所詮はアレルギーだからうまいこと身体が慣れてしまえば確かに治ってしまうのかも知れないとも思う.
ともあれ,一向に終わらない健康ブームよろしく人が病で苦労しているのにかこつけて大儲けしている連中が確実にいる訳で,それはそれで何か腹が立ってしまうのは良くないことなのだろう.
連中だって商売なんだし,でも花粉症を世の中から根絶出来るとなったらそう言う人達はやっぱ烈火の如く「商売敵め! 」とあの手この手で邪魔しに来るんだろうか,半永久的に使える蛍光灯と同じ原則かも.

そんなことはさておき,もうタイヤをラジアルに替えても良いだろう,さすがに雪が降る気配も少なくともこの辺では無さそうだし.
とは言え,スタンドの連中にすら「タイヤ替え時ですね」と言われた位,元のラジアルタイヤはツルッツルのすってんてんだから果たして次はどこのを履こうかと色々思案中.
ヘルメットと4点ベルトも揃えたいし,結局修理以外でも金はバンバン飛んでいくもんだ,さすがクルマ.
よくこんなので曲がりなりにもミヨシケ亭は黒字経営できるもんだと不思議になる,やはり酒とタバコとギャンブルさえなければ早々困ることは無いのだろう.

これでクルマさえなかったら?それは愚問と言うものだよワトスン君.

耳鼻科も大変だと思う

2008年03月08日 23:51

ひとまず朝になると口の中がグダグダ,唾液がまとわり付いてるような感覚と言えば良いだろうか.
経験したことのある方も多いかも知れない,両方とも鼻が詰まりきってしまって口で呼吸しながら寝てた証拠だ,気持ち悪いったらありゃしない.

この時点では完全に花粉症の症状.
今日は件のインプのパワステの修理もあるし,そのついでに近場に耳鼻科が無いか探してみようかと思い立って行ってみた訳です.
この際治療が出来るなら早い方が良いに決まっているし,何より薬があるかないかでも随分と違うものだ.

とは言え結局見つけた耳鼻科で2時間待ち食らったのにはさすがに参った.
この時期の耳鼻科と言えば文字通りの繁忙期みたいなもので,見渡せば老若男女問わず皆鼻をすすりながら診察を待ちわびている状態.
いつの間に花粉症ってこんな国民病みたいに流行りだしたんだろうかとか今更ながらに思う,自分は小学校高学年位からアレルギーを持ったけどその時期から急激に「花粉症」と言う言葉が当たり前に出てくるようになった気がする.
そんなことを考えながら待っていると,奥の診察室からは子供の阿鼻叫喚がバンバン聞こえてくる.
そう言えば昔耳鼻科に通っていて鼻水を吸引してもらってたけど,確かにあれは毎度毎度痛かった,そんなあまり懐かしみたくない記憶まで蘇ってくる.
先生が結構鼻の奥までずぶっと吸引器を差し込んでくるから,子供なんか苦痛の極致じゃないだろうか,そんなことを思いつつ自分も思い切り差し込まれて思わず涙が出てしまったのだけど;
またこんな苦痛を味わう羽目になろうとは,相変わらず脆弱である.

取り敢えず薬を貰って多少楽にはなったかなと言う風情なのだけど,昼飯を食った直後から何やら妙に身体がだるくなってるのに気が付いた.
「妙だな,朝は全く調子良かったのに」と不審に思っていた挙句,「もしや実は自分は風邪なのか?!」と言う疑いが急浮上.
熱は無いのだけど微妙にだるい状態がそのまま夕方まで続いてしまって,結局修理を終えたインプを受け取って帰ってきたが早いかひとまず寝てしまった.

とにもかくにも果たして自分は風邪なのか花粉症なのかはたまた両方なのか,何とも訳の判らない体調になってしまっている,全く持って微妙だ.
風邪にしては熱も喉もいつもなら辛くなる筈なのに何ともないから風邪では無い気がするのだけど,そうなるとこのだるさ加減はなんだろうかと言うことになる,変に似たような症状を併発したから本当にどっちがどっちなのか判らない始末だ,おかげで花粉を払おうと調子こいて泳いでしまったではないか,我ながら恐ろしいことをしたかもしれない.
ともかく安静にした方が良いのだけは事実なので大人しく寝ていよう.

何とも微妙すぎる

2008年03月07日 00:31

クルマの調子が悪いと自分のようなクルマオタはやはりストレスが溜まる.
乱暴に,と言う意味ではないことを明言した上でだけど,一切の気兼ねなく自分のペース・乗り方で車を運転出来ないと言うのは乗り手にとっても車にとっても実は良くない,イコール少なからず精神衛生上も悪い.
そんな余計なストレスを喰らってるせいなのかどうかは判らないのだけど最近微妙~~に風邪気味である.

と言っても正直本当に風邪気味であって,正直どうなのか何とも変な気分だ.
少なくともインプ同様調子が良くないのは事実とは言え熱も無いしだるくも無いから普段の仕事には一切支障は無いと言って良い.
調子が良くないなと感じているのは風邪を引くと毎回大抵やられる喉と鼻だ,ところが鼻についてはご存知の通りそろそろ花粉症真っ盛りの季節だからむしろそっちの可能性のほうがでかい.
会社の同僚も何人か既に花粉症にかかってしまっているので元々鼻がかなり悪い(元々アレルギー持ちだし)自分ももうかかってもおかしくは無い.
鼻が妙に熱を持ってる感じからしても花粉症の症状にかなり近いのだけど,肝心の鼻詰まりが殆ど無いのがその微妙さを更に助長している,いつもなら情けない位に鼻が詰まって仕事も睡眠もろくに手に付かないのだけど.
喉に至ってはさらに微妙で朝方起きるとちょっと違和感を感じる,まだ寒いし何より乾燥しているからそのせいとも言えなくも無い.
喋っていると何となく声もおかしい気もするのだけど,水分取ったりうがいを繰り返したりでそれなりに労わっておくと,昼頃には殆ど何事も無かったかのように楽になる,但し違和感のようなものは残っている感じだ,何か引っ掛かってる感覚と言えば判り易いだろうか.
喉も喉で痛めたら気分が悪いことこの上ないのだけど,この風邪なのか何なのかかなり微妙な体調がここしばらく続いていて気分的にも如何ともしがたい気分だ.

どうせ軽い症状ならさっさと治って欲しいものだ,このどうとも言えない体調の微妙な悪さ加減が逆に癪に触ってしょうがない,完全にダウンして寝たきりにでもなってしまえば諦めも付くのだろうけど,おかげでむしろストレスは溜まる一方だったりする.
精神衛生上悪いと言うのはこういう状態を言うのだろう.

赤いオイルは

2008年03月03日 00:23

「これってパワステオイルなんですよね,パワステのギヤボックスは交換したと聞いてますけどこれはポンプの方から漏れまくってますねえ,タンクからも結構出てますし.」
「・・・なんですと?」

と言うことでついにエンジンにきたか・・・とかなりブルーな気分でろくろくアクセルも踏まずに(どの道不調なのは間違い無いので負荷を強くしてはいけないのは当然だけど),いつものスバルへ.
で,出てきた結果が↑の通り,そうか~赤いオイルってそもそもパワステのオイルなのか,そう言えば前にギヤボックス交換した時も漏れていたのは赤い色だったな・・・,何はともあれエンジンは全く問題無いらしい,この前も書いた記憶があるけどエンジンってやはり相当頑丈なのだ.
あれだけ漏れてたくせにエンジンオイルはまるで減ってなかったのも頷ける.
ギヤボックスを交換してたからすっかり油断してた,結局パワステ一式新品になってしまうことに,結局寿命は寿命かしばらく動かしてないと本当に色々がたついてしまうものなのだろう.
そう言えば件の207CC男が「スバルってパワステ辺りは良く死ぬらしいよ~」と良からぬ情報を聞いてはいたが,本当にそうなってしまった,友人の言うことは悪いことに限って良く当たるのは古今東西変わらないらしい.

しかし今更ながらもうちっと自分は自動車の知識,と言うより実際に自分の手で弄ったり触ったりするべきなのかなとも思う,結局今度も当てが外れた,良い方向にだけど思い切り外れた.
漏れ出てたオイルがパワステオイルだと気が付いてたらもうちっと冷静になれただろう,少なくとも「エンジンがあ!!」なんて慌てずには済んだし,それこそ軍手でぺったり覆ってハイ終了とかささっとやってしまっても良かったかも知れない.
漏れてる所がやけに入り組んでるし,タンクからしてグダグダのダラダラだからそんなもんで誤魔化せるレベルではどうも無いのは事実だけどちょっと無知な反応しか出来なかったのは我ながら残念だ.
エンジンオイルもボンネットを開けてはスティックで減りとか汚れ具合は見るけど交換自体は何だかんだでやったことが無いから,実際エンジンオイルがどんな色でどんな具合の感触なのか殆ど知らない,交換するはするで廃油の処理が全く面倒すぎて良いとも言い切れないのだけど.

自分で弄ることの何が怖いかって失敗するとか時間が掛かりすぎてクルマを動かせなくなる可能性が必ず付きまとうと言うことだ,ナビのときも丸々二日使って結構ギリギリだった.
通勤車で常にクルマに乗ることを必要としている自分にはまさに致命的だから,リスクは極力避けたいと割と簡単なこと意外は人任せにしているけど,もっと踏み込んでも良いかもしれない.
とは言えもやはり怖いのは怖い,やらかして乗れないクルマほど厄介なものもないのは経験上知っている.
やはりクルマはまずちゃんと自分で乗り回せてなんぼだろう.