骨と肉の塊(GT40閣下談)

2007年11月26日 23:16

勢い任せに二個買いしてようやく完成,どうにかこいつの発売までには間に合ったと言う感じか,ほんとにギリギリだったけど.
と言う事で前作のUL(クレスト軽2)に続いてセレナ(ミラージュ重2)が出来上がり.
鉄道博物館11

何となくだけど大分昔(と言っても大学の時だけど)の感覚が戻ってきたのか,組んでいる時間は結構短くなったし作業も割とスムーズに進むようになった気もする,プラモデルは組みあがった姿を楽しむのが最終目標なのは勿論だけど,組んでる過程も「ただの作業」と割り切らずに楽しんでみても良いと思う.
その意味ではヴィクセンの時からすると随分ストレスも感じなくなったのは良いことなのだろう,かと言ってセレナが簡単に出来たかと言うとやっぱりそうでもなかった,「こんな分割するのかよ」って位細かい部分は相も変わらず細かい,ご覧の通り.
鉄道博物館9

鉄道博物館10

ホントに密度の濃い出来栄え,今回は重量級で横も前後も圧倒的にデカイけどボリューム「感」も充分で良く言われる間延びした印象は全く無い.

で,折角3のOP機体の一部を揃えられたのだからここは一つ二機を並べてじっくり見てみるか,と思い立ったもののいざ並べてみるとボリュームの違いは予想以上というよりもはや異常の領域,GTさんがお題の如く印象を語られたのも無理は無い,自分ももう「なんじゃこりゃ」って感じである.
鉄道博物館1

NEC_0041.jpg


パッと見ると同じシリーズのモデルには見えないんじゃなかろうかって位のこの差.
重量級の"重さ・堅さ",そして軽量級の"軽さ・脆さ"共に見事に魅せてくれるなと感心してしまった.
こうなると次のアレは本当にどんな感じになるんだろうか,今までの一連の出来の良さには毎度毎度自分達の予想のまさに斜め上を常に行くだけに,もはや期待する他無いのは事実だけど…何せ斜め上なので,ねえ?…
[骨と肉の塊(GT40閣下談)]の続きを読む
スポンサーサイト

今年のCOTY

2007年11月24日 01:37

フィットが今年のCOTY獲るとはね,去年がレクサスLSだっただけに,また随分と趣向の変わった選考になったなと第一印象的に思ってしまった,COTYの選考基準がどうのこうのと言うのはまた置いとくとして.

ただノミネートされてるクルマを見てみると,確かにフィットがベスト,と言うより他に無いような印象も自分は受けた.
LS600hはさすがに去年ハイブリッドじゃないLSが選ばれただけに外されたのだろうし,スカイラインセダン/クーペもGT-Rのせいで一気に(日産自体が)イメージがあさっての方向にすっ飛んで言ってしまった感じがする,4輪アクティブステアは確かに面白い技術だと思うけど,それならばやはりランサーエボⅩの方がデザイン的にもコンセプト的にも当然性能的にも選ばれるだろう.
実際ランエボⅩは去年のに続いて特別賞を受賞していたけどこれには納得できる,やはりインプレッサより明らかにメーカーの意志がはっきりしているのが良く判ることは大きい.
とは言えそのコンセプト自体は随分偏ってるからこう言った舞台ではなかなか選ばれることも難しいかも知れない(つってもFTOとギャランも獲ったからその時の状況によるかもしれないけど).
デュアリスやエクストレイル,CX-7何かはさして何か感じるものは相変わらず全然無い,ミニバンも似たようなものでどれも一緒.

とか何とか色々考えていくと,フィットに最後に落ち着くのはある意味自然じゃないだろうか.
例えば自分がこのノミネートで選ぶとしたら,デミオかフィット辺りで悩んだ挙句にフィットを選ぶと思う,アリオンかギャランフォルティスでも良いかも知れないけどフィットには一歩譲りそうだ.
勿論買うかどうかとはまた一切別問題としての話だ.

さて,獲ったのはそれはそれで良いとして,「COTYに選ばれると売れない」と言う変なジンクスを良く耳にするけど,果たして今回のフィットはどうなるだろうか.
同じホンダでもアコードや先代シビックなんかは完全にそのジンクスにやられた訳だし,逆にそれでも売れたのはレガシイとLS位じゃなかろうか,まあロードスターなんかは確かに売るクルマじゃないと言うのもあるけど,ホンダが月間12,000台を掲げる以上そんなジンクスを真に受けてはいられないだろう.
さて,フィットの先行きはいかがなもんだろう.

今年はスタッドレスはどうしようか

2007年11月22日 01:10

修理に預けたスバルから帰る際,ことのついでにと言われたのがタイヤだった.
「フロントは特にもうスリップサインも出てますし換えた方が良いでしょう」と,わざわざ見積もりまで出してもらった.
とは言えタイヤ屋でもないので当然値引きなどは早々無いから,正直圧倒的に値が張ってしまう.
自分が二年以上前に換えた時の記憶から比べると優に1~2割は高く値付けされていた,さすがに換える訳にはいくまいて.

とは言えそろそろ季節的にはラジアルではなくスタッドレスへの交換が必要な時期なので,そっちの目処もそろそろ立てなくてはいけない.
スタッドレス自体は去年用意したので今年もそのまま使って何ら問題無いのだけど,悩み所なのは交換する時期…と言うよりそもそも交換する必要が今年はあるのかどうかだったりする.
果たして今年は雪は降るのだろうか?

栃木でも宇都宮周辺ははっきり言って殆ど雪が降らないし,降ったとしてもなかなか積もらないから山間部に行く用事でもなければスタッドレスは要らないと言ってもいい.
実際自分の場合スタッドレスを買う以前,一昨年やその前の年なんかは換えなくても一日二日積もったり凍結なんかでインプを滑らせてしまった日意外はどうにか普通に冬を乗り切ってしまえた,まあ当然4WDと言う強みはあるけど,実際そんなに他に比べて強いと言う訳でもないのも事実.
で,去年もこの辺は殆ど雪も降らず少なくとも日常でスタッドレスである必要は全く無かった,大雪降り注ぐ実家に強行して帰省した時は,高速で事故った多数のクルマを眺めながらスタッドレスの役目を十二分に果たせたのだけど,正直あまりに疲れたので今年は雪が降るなら電車にするべきだなと考えている.

まあ帰省はさておいて.
そんなこんなで雪が降る降らないでちょっと悩まされている今日この頃だ,明日にも雪まみれになるかもしれないから,全く急ぐ必要も無いけどのん気に構えて済む話でもない.
凍結も油断ならないけど,それだけならこのままラジアルで冬を越しても過去の経験上構わないかなと思う.
とは言え「猛暑の後には豪雪」と言うのが個人的な見解だから今年はまともに降るのではないかと予想している,現に東北や栃木の北部はもう降り出しているそうだからこちらもことによっては積もるのではないかなと.
差し当たり12月頭辺りの気温の上がり具合でさっさと決断するしかないのだろう.
パンタグラフのジャッキしかないのでなかなか骨の折れる作業になりそうだ.

車は銭が掛かる,でも止めないのである.これを阿呆と言う

2007年11月18日 21:13

元帥ことサムネさんと初のサーキットでインプを必死に―それこそ吐く寸前まで必死に―走り,これはもっと技術も経験も手に入れたい!と調子こいて一月後に再びサーキットを走り,やはりまだまだだなと思いつつ今後も頑張っていこうとやる気出してた矢先.
調子こくのは悪いことではないけど,やはり調子こきすぎるのは良くないようである.

ある日の夜中,会社帰りにインプを駐車場に入れようと自分の止めるとこの地面をふと見ると何か妙な黒い影が.
翌朝改めてみると丁度エンジンの真下辺りにオイルの滴ったような滲みが,しかも位置的には換えたばかりのエキマニのタービンサポートの真下.
「まさか,ついにタービンやられたか?!」と大焦りの自分,何せ今回ばかりは思い当たるフシがありまくるから逃げようがない.
さすがにサーキット一月で二回サーキット走りこんだのはこのご老体には死者に鞭打ったようなものか,死んでないけど.

と言う事で例によってスバルのお店へ持ち運んでの修理と相成った訳で,診断結果はパワステギヤボックスからのオイル漏れ,しかもこの場合ギヤボックスごと交換しか出来ないとかで,とうとうパワステも一部新品になってしまいました.
それにしても外見と違って至る所新しくなってると,修理と言うよりレストアとかレトロフィットと言っても良いかも知れない,と言ってもレトロフィットなら環境対応出来なきゃいけないから違うんだけども.

ここまで距離を稼ぐと(今143,000km)パッキンとかオイルシール系統は嫌でも限界来るんだなと痛感,この辺は残念ながら中古の怖い所.
今回は更にサーキットで思い切り負荷掛けたから,一気に綻びがボロボロ出て来たのだろう.
インプにしても自分が乗る前の持ち主は本当に街乗り程度しかしてなかったらしく,事実自分が買った時点ではブースト計以外全くのドノーマルだったから,逆を言えばメンテ(特にオイル交換とか)にしても普通に其れ相応にしかやってなかったんじゃなかろうか.
だからこの期に及んで恐らく最後の乗り手だろう自分が何だかんだで弄っては走りまくった以上,この手の故障が避けられなかったのも間違いではない.

実の所フロントデフとドラシャの間にもオイルの滲みは出てて「いずれは両側どうにかしないといけませんね」と言われてしまったのだが,重症ではないのと今年は時間的にももうサーキットに行かない予定だからと後回しにした,逆に言えばパワステのオイル漏れは滲みを通り越して完全にオイルが滴ってた位酷かったので,すぐに治す必要があった訳だけど.

とは言え肝心のエンジン本体とかミッションとかは未だに大した不調もなくしっかり回っている.
エンジンも修理後にしようと後回しにしてしまってたエンジンオイルを交換したら一気に調子が良くなったし,燃費すら季節的なおかげもあって上がり気味,マイクロロンの効果も相当なものだ.
それだけに治せる内はどうにかしてきっかり治してしまうのが結局は一番良い,デフも時間と¥の余裕を見てさっさと手を入れなくてはいけないだろう.
一度ギヤボックス自体はバラして見て貰ったから機構上は異常無いとは言え,何せギヤボックス内にミッションとフロント&センターデフがぎっしり詰まって複雑極まりない構造だから,そこのオイル漏れはやはり洒落にならない(デフもミッションオイルで潤滑している).

まあ,まだまだ諦めるにゃ速すぎるぜってことだ.
ホントはエンジンにしろミッションにしろ丸ごとOHとかしたいんだけど,そこまでチャレンジャーなことは金銭的にも簡単に出来る話でもないから今はこのまま行こうと思う.
[車は銭が掛かる,でも止めないのである.これを阿呆と言う]の続きを読む

「いつも来てますよね?」

2007年11月15日 00:19

と,見知らぬ男にいきなり声を掛けられた,いつも行くプールで一通り泳いでちと休憩をと上がって休んでいた時のことだ.

とりあえず運動不足はちと解消した方が良いと定期的に泳ぎに行くようになり確かに大体同じ曜日に行ってるから見てる人からすると「ああ,あの人」見たいな感じで判るとは思う.
しかし,しかしである.
こういった集団の中での自分の存在感の無さは間違いなく世界トップクラス,ユーロCAPでも七つ星は獲れる位のレベルなのに,よく気が付いたもんだと驚きついでに変な感心をしてしまった.
とは言え「いつも最初っからず~~っと泳ぎまくってますよねw」って言われたから,さすがに一時間近くかなりぎこちないフォームでひたすら泳ぐ姿はプールの中からでもある意味目には留まりやすかったらしい.

声を掛けて来たおっさん一味-見た感じ二人とも自分よりは年上そうだが大体30半ばだろうか-もそう言えばこのプールでは良く見かけてはいる.
自分の存在感の無さついでにこう言う場合他人にも一切気を遣わないから所詮その程度でしか見ていなかったのだけど,聞けば泳ぎ始めたのはどうも自分と似たような時期らしい.
なるほど,そこからお互い通ってるから自然と目に留まるはずだ.

とは言え果たしてこの場面で一体どんな会話するのが一番良いのだろうかと,人付き合いすら悪い自分は毎回悩まされる,まして相手は「文字通り」の赤の他人で当然ながら共通点は同じプールで泳いでると言うことだけ,それだけで話しかけてくるのだからそのおっさん二人,相当社交的である.
会話自体はお互い名前名乗ったついでに,
おっさん「私○○から来てるんですよ.」
ミヨシケ「ああ,自分は△△からです.」
お「いつもどれ位泳ぐんです?結構距離行ってますよね.」
ミ「まあ行ける時は2kmですかねえ.」
お「良くそんないけますねえ;」
ミ「まあ~,最初は100mも駄目でしたけどね.」
とまさに井戸端,ちなみにそのおっさん二人はサーフィンをやってる仲間だとかで,件のメタボに恐怖した上でのプール礼賛だそうだ.
「最近になって7キロ太った」とか聞くと確かに何かやろうという気になるのも判る,現実自分も体重はともかく運動不足はまずいなと危機感もって続いてると言うのもあるし.

そんな感じで今では泳ぎに行くついでにそのおっさん達とあれこれ井戸端で話すようになった.
まさかこんな所で知り合いが出来るとは,とは言えただの知り合い程度だけど人との縁ってこんなものなんだろうか.
世の中判らんもんだと思う.
[「いつも来てますよね?」]の続きを読む

カラオケのネタ

2007年11月11日 01:14

いかん,間違えて東モの記事削除してしまった….
確かにそんなにちゃんとした文章じゃなかったけど,勿体無いことをしてしまった,いい経験にはなったと言うに.
データってこんな感じで情け容赦無くあっさり消えるのが怖い,もっと注意せねばなるまい.

そんなこんなで今回のお話.
ひょんなことから晩飯ついでにカラオケに行ってきた,しかも会社の同僚と.
カラオケに行くこと自体随分久々だと言うのに,会社の連中と行くことになるとは随分難儀な話である,少なくとも自分にとっては.
カラオケに行く時の最大の問題は「他のメンバーと『ある程度以上』曲の嗜好が合っていなくてはならない」ことに尽きる.
とにかく最近は勿論ここ数年の流行の邦楽なんか全くと言っていいほど知らないし,かと言って歌える曲もジャンルが偏ってる割に数自体は少ないととにかく普通に歌うには悪条件が揃いすぎている.
下手に仮面ライダーブラックRXとかトランスフォーマーなんぞ歌おうものならドン引きされること請け合いだし.
だからこう言う時に自分が何も気を使うことも無く歌うには,かなりメンバーは限られてくる訳だ,と言うことは閣下との会話の中でも確実に実証されたので間違いない.

さて,そんなこんなでどうなるかなあと不安気味なまま行ってみたけど結果からするとどうにかなった,まあ当たり障りの無い無難なものからメトロポリタン美術館に愛を取り戻せ!,ことのついでに八代亜紀と言った完全なネタの品々まで,使えるものはほぼ全部使い切ったと言っていい.
結局3時間きっかり歌い回し,喉も涸れてしまった.

アニソンの大半を封印してたので選曲は難儀だったとは言え,少なくとも相応に自分が歌って楽しくなけりゃいく意味は無い訳で,その点では充分やれたかなと思う,しかし歌そのものはヘッタクソなので一緒に行った同僚二人の耳が持ち堪えたかどうか…はあまり深く詮索しないことにしよう,正直怖いので.

こういうのはたまに行くから面白いんだろう,やはり自分の感覚では歌うことは好きは好きだけどしょっちゅう行くもんじゃないとも思った,他のメンバーの耳の安全も考えなくてはいけない.
そう言えば帰りにふと「そう言えば一人カラオケ行く奴もいるんだよね」と話したら二人とも「そんなん出来ねえよ!」と否定的な答えが返ってきた.
確かに自分も出来そうにはない.

1.5kmx1か,0.5kmx3か

2007年11月05日 00:47

お題に書いてある計算はいずれも答えは1.5km,つまり全くの同じ数値になる訳だけど,果たして自分にはどっちの方がいいのだろうか.
と言うのは他でもない,未だに何故か(ほんとに何故か)絶賛継続中のプールで泳いでる時の話.

ともあれ風邪気味だったせいでプールに行くのが二週間ぶりだったのだけど,さすがに久々だったので一気に泳ぎきろうなどとは思わず大人しく小刻みに距離を稼いでみようとやってみた.
現実2~300も泳ぎ出すとすぐに息は苦しくなるわ肩は痛くなるわで,明らかに身体が鈍ってるのを痛感,「こりゃとても1kmに乗せるのも無理だわ」と,あっさり降参するしかなかった.
しかしそんな自分としてはローペースで地道に何度か泳いでいったらあら不思議,終わりの時間の頃には結局いつもとさほど変わらず1.8kmほど泳ぎ切っていたのである.
小刻みに休んでいったおかげで泳ぐペース自体が速かったからかも知れない,泳ぐ時の速さなんか論外に酷い(平泳ぎの時なぞ長鈍足)ので端っから気にしてはいなかったけどこれはこれでちゃんとした運動にはなってくれたようだ.

そして日を改めた今日,鈍りは取れる内に取ってしまいたいと勇んで再び泳ぎに行ったけど,もうリハビリもクソも無く一気にいつもの距離を一回で泳ぎきってやろうと決めていた.
果たして予想はしてたけど7~800m辺りから急にしんどくなって脚の動きも随分怪しくなる,しばらく経験してなかった領域に再び突っ込んだようなもので,この辺がやはりまだまだ鈍りまくってる証拠だけど,もはやなりふり構わず続行.
ところが目標の1.5kmを超える頃にはヤケになったのかようやく身体が目を覚ましたのかやたら調子良くなった様な感じがして結局1.6km止まらずに泳ぎきり,その後も地味に稼いで久々に2kmの大台には乗せることが出来た.

で,結局同じような結果を出せた上でふと果たしてどっちの方が自分の身体には良いんだろうかと疑問が出て来た,何せ両方でも同等距離は泳げることは判っただけに.
聞くところによれば有酸素運動は30以上継続して初めて成立するものらしく,となると500mは時間ではちと足りない.
その分速さはこっちの方が上,速く身体を動かしてるはずだから体力的にはこっちの方が消費してるし筋肉を酷使してるとも言える.
ひるがえって1.5kmだと有酸素運動としては充分,けど当然ペースは遅いしそもそも結構乱れがちな気もする.
果てさてどうしよう.

元々自分は完全な速筋型の超短距離型だったから,「じゃあどうせなら今度は長距離で鍛えよう」とか思いついたのがそもそも1.5km目標だった訳です,昔は泳ぐのなんか嫌いだった位だし.
とは言え結局自分の肉体の向き不向きには逆らわない方が良いと言う結論にもなるのだろうか,少なくとも時間内で同等の距離を泳げたのがいい証左だろう,未だクロールにしても思い切り全開で行った方が動きは却って良いと感じるのもあながち間違いじゃない気がする.

どうせやるなら効果的に,と欲を出すべきだとは思うけど果たしてどうなんだろう~.
[1.5kmx1か,0.5kmx3か]の続きを読む