さあ,明日も走ろう

2007年08月31日 00:42

と言う事で気が付けば140,000kmを走りきった,さすがに気が付いた時にはもう139,900kmとかだったのでいつ来るかいつ来るかとその瞬間をしっかり捉えてやろうと待ち構えてたけれど,結局直前で何か起きるとか言うことも全く無く無事に到達してくれた.

それにしても今回はなかなかペースが速かったように思う.
二回の連休(黄金と盆)に実家に帰るのはいつものこと,これなら去年までと一緒だけど,何せ今年は東北に二回も行った.
とりわけ5月に岩手から山形,富山,更には能登半島の先まで一気に走った(過去の記録を見たら3日ほどで1,500km以上走った)し,その後7月にまた幽玄洞を訪れる為に岩手まで往復したからなるほどペースが速い訳だと思う.
ふと,そう言えば130,000kmのときの写真もあったなと探してみたら,その日付が3月の末になっていたから,実質ちょうど5ヶ月という事になります,年20,000kmを優に超えるペース.

そんなハイペースで東西南北津々浦々と走りに走ってる我がインプなのですが,件のエキマニの遮熱板の問題(実はまだ未交換)とかバンパーが一部割れているのとか,あるいはボンネットやフェンダーにも付いたかなりの数の小傷(多分高速を走ったときの飛び石)等々,年相応とも言うべきかあっちゃこっちゃ痛んだりヘタってたりしてるものの,肝心の走りは全くもって問題無く好調そのもの,実に調子よく走ってくれている.

そりゃクラッチも変えたしミッションも一度ばらした,オーバーヒートも経験したし,挙句に燃料ポンプもやられて永久エンストまでやらかしたから,さすがに順風満帆とはとても言えない,言えないのだけど何だかんだ考えながら結局全部ちゃんと治して来た.
乗り手がこんなだからせめて,とメンテもかなり真面目にやったしボンネットを開ける習慣も自然と付いた,開けてみないと何か起きてないか不安だと言うのもあるのだけども.
ついでにやれる所はチューニングもしてみたし,勢い余ってナビまで搭載してみた,しかも自分でカーペットも内張りも引っ剥がして.

そんなこともありながら未だインプはしっかりと走っている,正直我ながら良くここまで続いてたもんだと改めて感心する.
半ば意地になってる部分も有るかもしれない,端から見れば140,000kmなんて数字に意味は無いだろう,ただ自分からこのクルマを嫌になったり諦めたりすることはもう無いと思う.

「このインプでどこまで走り続けられるだろうか」

そんなことをふと思いながら明日も何も変わらずにこの「クルマ」にわが身を委ねる.
普段はゆっくりと落ち着いて,そして時には思い切りアクセルを踏みタービンをぶん回し,ひたすらに突っ走る.
それで十分満ち足りる.



スポンサーサイト

エクストレイルに6MTは良いかも知れない

2007年08月27日 00:35

ヴォクシーに乗ってきたり今度はエクストレイルに乗ってきたりと,
「一体お前そんな興味ないような車ばっか乗ってみてどうすんの?」
とか言われそうだけど,買う買わないに関して言えばその手のクルマには全く興味は無い訳です,まずもって一切買う気は起きないし起こされたことも殆ど無い.
ヴォクシーにも真面目な話色々と感心させられてしまったけどそれだけじゃ購入動機にもならない,他人にはお勧め出来ることは出来るけど.

ただ,そんな買わないクルマだろうがなんだろうが造りそのものには毎度興味は惹かれる部分は必ず有るのです.
特にフルモデルチェンジした車種なら新機軸も何かしら投入されてることが多いからなおのことで,ディーラーに行って実物を見たり中をいじったり試乗したりするというのはかなり貴重な情報を得る機会になるのです,話聞くのも面白いし.
ま,そんな大仰なこと言ってるけど実際は「どんな感じなんだろうな」とネットや雑誌程度じゃ全然想像もつかないのでどうせなら見るしかないって感じなのです,あまり想像力無いんですねえ自分.

そんな感じでやたらと宣伝もやってるエクストレイル,今回のフルチェンジで二代目になるのだけど,ぱっと見るとさほど形は変わってない,下手するとちょっと大きくなったのかな?程度で済んでしまう.
実際二代目はキープコンセプトに徹してるようで,先代のCMでもあるようなポップアップステアリングとか水洗い可能な室内等は継承されていて,今までどおりアウトドアやスキーやサーフィンなど汚れの付き易い趣味にも十分対応可能だ.
感心できるのは今回天井の内張りまで水洗い可能になったこと,つまり荷室全体を水でざば~~っと洗っても問題無いのだ.
その荷室も後部座席を畳むと完全にフラットで広大な空間が出来る.
「ここで寝れますよw」
と営業の人が言ってたけど実際そういう使い方をするというニーズは有ったらしい,奥行き1740mm,幅1100mmも有れば自分が寝っ転がるには確かに十分,その上その荷室には道具などを入れるのに適切なトレー(本当に工具箱についてるような其れ)まであるから,その手の使い勝手はかなり良いし,小物入れも運転席を初めなかなかの充実振りだ.

つまりはそれだけ「割り切った」使い方をするクルマだということだ.
その人の趣味の為の「道具」として手加減無用で多少荒っぽい使い方をしてしまえるのがエクストレイルの本領であり,実際其れを可能にする「造り」を与えることに成功してるんじゃないかと思う(スクラッチシールドなる自動修復塗装なんてのもあった).
特に荷室のフラットさ加減と水洗い可能と言うのは下手な商用車顔負けじゃないかとも思える,さすがに商用車としては割高ではあるけど.
試しにその後アウトランダーも見に行ったけど,荷室の広さは互角以上ながら床がフラットにならず(後席の金具などが残る),当然水洗いも出来ない,と言うのを見るとさすがに割り切った使い方は出来ないのだ.
エンジンも試乗したのは2Lだったけど「まあこんなもんか」と言った感じで,さすがに踏んで楽しい訳もない,街中では全く問題なくしかも静かに走れるから用途としては十分だろう.
もっとパワーが欲しければ2.5と言う新設定されたエンジンもある.

「クルマは乗り手が乗ってこそ」な自分にはなかなかそこまでの割り切り感は持てないのが現実であって,ましてやそこまででかい趣味も持ってないからやはり買う気を起こせるようなクルマではないのは事実だ.
但し,広いクルマが欲しいけどあれもこれもと色々詰め込んだドデカイクルマに辟易してる人がいるなら,この「道具」は結構良い選択肢じゃないかと思う気がする.
趣味の為の実用車,変な言い方だけど間違ってないんじゃないでしょうかね.
[エクストレイルに6MTは良いかも知れない]の続きを読む

やはり泳ぐのはいい

2007年08月23日 01:49

栃木に帰還してから,久々にいつものプールに行った.
やはり行きなれた所の方が感触としては良いなと思う,実家でも暇だったので1~2回プールを探して行っては見たけど,まあさすがに休みだったから人が多いし,子供向けのためかかなり浅かったのが気に食わなかった.
ある程度深い方が泳いでる感覚があって良いと思うのだけど,まあそんな簡単な話じゃないんだろうか,安全ではなくなるし.
そんな訳で,結局実家ではせいぜい泳げて1km程度で正直ロクにも泳げてなかったと言うのが実情だったのです.

で,久々にいつものように泳いでみたんだけどこれが実に気持ち良かった訳です.
あのすい~~っと水の中を進む時の妙な感覚がたまらない,あれを実感できるようになると本当に泳ぐのにはまれると思う.
と言う事で鈍ってるのを覚悟してリハビリ程度で,と思ってたのが逆に体力が有り余ってたのか単なる鬱憤晴らしだったのか,調子に乗ってガシガシ泳ぎまくりまして気が付けば止まらずに1.5km,自己記録更新じゃありませんか.
結局そのまま勢い任せに1.9km泳いだ,自分としてはだけど十分だ.
伊達に実家で体重1.5㎏も増えただけのことはある,本当に何もしなかったから余程動きたかったんじゃないかとも思う.

さすがに肩の辺りは結構張ってると言うか筋肉を「使った」感覚が今でも残ってるけど,たまにはコレくらい身体を動かした方が良いんだろうなと改めて思った,当然健康に良いし0.5㎏減ったし何より上に書いたとおりやはり気分的にはかなり良い.
サッカーにしても相当しんどいんだけど楽しめるから柄にも無く連続で参加してるもんね,こっちは成長の兆し0だけど.

とは言え根底にはそれだけ平日(勿論主に仕事)の気分が悪いからじゃないかなとかふと思ってしまったのも事実だ.
今日記を書いてる時間にしてもいつもの如くこんな時間な訳でそれでもあまり寝ようという気分にはならない.
いつぞや元帥が「寝るのが勿体無い」って書いてた記憶あるけど,確かにその考えはありだなと真面目に思う,現に実行しちゃってるようなもんだ,朝になると飯も食わないから相当しんどいくせに.

こうやって変なやり方でもバランスを取れるようになると綺麗に生活の形になるんだろうかと,「ウェルバランス」なんてどっかの言葉を思い出してしまった.

結構うっかりミス

2007年08月19日 18:01

今日で連休も終わりと言う事で再び栃木に戻っては来たのですけど,エアコン点けても無いのに何故か今回は燃費が落ちた,其れもかなり.
なんでかなとか考えてみたんだけど,結局空いてた上に「行ける内にさっさと行くか」と序盤からすっ飛ばしたのが原因だろうかと思う.
NAでも似たようなもんかも知れないけどターボだとある程度以上アクセル踏んで回転上げると途端に燃費落ちるというのは確かに間違いない.
実際実家から走る場合でも上信越道とか上り勾配のきつい区間で速度を維持しようとするとかなり踏まないといけない訳で,その際ふと見るとブースト計の針が0.5超えてたりとかなかなか悪燃費なことをやってしまった.
別に焦った訳でもないし,実際運転そのものはかなり用心してたから事故も何も無かったんだけど(そうでなきゃこんな余裕で日記書けないし)色々効率考えると実は飛ばしすぎも問題なのかもなと思う,どこらへんかに必ず最適な「アタリ」があるのは間違いないんだけど今回は完全にその意味ではミスった.

で,実家に帰ってきたらポストに不在票が,しかも良く見ると代引きの方になっている,エキマニじゃないか…
と言う事で,急ぎ電話して再配達してもらいましたけど,大きさの割にはやっぱり軽いなと思う,実測で半分以下(5~6㎏だったか)になってたから当然といえば当然なんだけど.

しかしここで結構とんでもないミスに気が付いた.
「…これ,遮熱板付かないじゃん……;」
何気に純正のエキマニって上側の遮熱板と一体化してるのです,だから下側の遮熱板が割れた際に全部外す必要があるしそれで重い.
(参考までに一部のみだけど,四角いのが遮熱板)
で,今回頼んだ品,社外品なのでそもそも遮熱板付くって設定じゃない(耐熱テープが同梱されててつまりこれで遮熱代わり).

まあつまりまとめますと
異音が気になった
⇒エキマニの遮熱板が割れてた
⇒修理することにした(エキマニ外す)
⇒折角なのでエキマニ交換を思いつく
⇒間に合ったので注文
⇒実は遮熱板付かない(つかいらない)
思い切り本末転倒だな~,せめてディーラーにもう一回確認してから頼めば良かったかも知れない.

と言う事で遮熱板修理と言うよりもはや完全にエキマニ交換になってしまった訳です,耐熱テープ付いてるのには助かったけど.
ひとまずもう改めてディーラーに確認取ろうかなと,でも単純にエキマニの交換って話になるとディーラーじゃない方が工賃安そうなんだよねえ,まあ改めて確認しようかと思います.
[結構うっかりミス]の続きを読む

暑中なのか残暑なのか

2007年08月15日 13:04

帰省した後親戚のじいさんばあさんの家に土産を持って行った時のこと.

じいさん「今年もえらい暑いのう」
ミヨシケ「暑いのう~」
じ「もうこの時期だと『残暑見舞い申し上げます』なんじゃけどなあ,まだこてやと暑中見舞いじゃ」
ミ「いつから『残暑』なんだっけ??」
じ「お盆が明けたらもう残暑でいいはずや~」
ミ「そうなんかね~?」

※実際は立秋(八月七日辺り)から「残暑」になるそうです,つまり今はもう残暑見舞いなのですね.

てな訳で,余りに暑い上に時間もあったので残暑見舞いを載せてみました,写真はいつぞやの岩手は幽玄洞の地底湖.
他にあまり冷え冷えしそうな写真が無かったのです,意外なことに.
今の時期に現地に行ったら相当涼めると思います.

例によってお暇潰し程度にどうぞ.


207CCだったり,エアコン洗浄だったり,エキマニだったり

2007年08月14日 13:26

とりあえず実家に帰ってきたまではいいんだけど,例によってというべきか恐ろしいくらいやることが無い,何も予定とか組まずに帰省だけしたので当たり前と言えば当たり前なのだけど.

とは言え実家に帰ってきてまず最初にやったのがエキマニの注文とは…
現状在庫1ってんでそれならお盆休み明けに届く,但し通常納期だと受注になって1月半掛かる,と正直ちょっとしたバクチに近いんだけど,確率は結構高いと踏んで思い切って注文してみた.
何せ初代(GC8)のしかも前期型の部品なんて早々頼む奴はおるまい.
と言う事でこいつは回答待ち,間に合えば本当に怪我の功名なんだけども,さてどうなるか.

と,一仕事終えてどうするかと考えた後,ひとまず高校時代から何故か縁が続いている文字通りの悪友共に連絡を入れてみたらひとまずは集まってみるかと我が実家に集合.
とは言え,この面子だと基本的にどっか遊びに行くとか何かするってパターンには意外とならない,ので午前中はなんということも無く自分の家で井戸端会議,午後になったら用事があると言う一人を駅まで送り,後は残ったマカル☆サリと自分二人で「なにすっかねえ?」と途方に暮れる有様.

しょうがないのでインプのオイル交換がてら出来たばっかと言うジェームスに行ってみた.
この所エアコンフル稼働させることが当然増えたのだけどやはりそこは旧車,最初の効きが悪いのは良いとしてカビの臭いが結構気になる(特に外気設定の時)て話をしたら
マカル☆サリ「あ,そう言えばジェームスでエアコン洗浄とかやってたぞ?」
ミヨシケ「なぬ?!まじっすか~~~」
と,言う事情(?)もあった,効果はいかほどか判らないけどやってみるかなと思いつき一路ジェームスへ.

で結果,これは効果絶大で本当にかび臭くなくなった,二人で
「すげ~これはすげ~!」
と無駄に盛り上がったくらい.
エバポレーターってどこに付いてるのか実は全然判らない(虫の屍骸が付くと言うから外か?)部分の汚れとかカビを落とす作業らしく,作業に2時間くらい掛かったんだけども確かにそんだけ時間掛けたことはあるなと感心,すっかり何も臭わなくなった,コレは凄い.

で,ひとまず帰宅して今度はマカル☆サリの新車207CCに乗せて貰った,まだ半月なので当然助手席だけど.
にしても彼奴がある意味自分以上にクルマ莫迦なのは知ってたけど,こうくるとはね,と現物を見て改めてそう思った,普通はこういった選択肢は出てこないなと思う.
初めて見た207CCは彼の選んだカラーリングもあいまってとにかく初見のインパクトは絶大だ,少なくともこんな田舎でこんなクルマにお目にかかることなんかまず無いし猫から本当にライオンになっちゃったフロントフェイスがやけに目立つ.
「皆道譲ってくれるんだよな~」とか言っていたけど確かにサイズ以上の威圧感はある.

走りに関しては彼曰く「重い」らしい,現に車検証上インプより240㎏は重い上エンジンも件のBMWと共同開発したという1.6L+ターボだから「速さ」の類にはまず期待出来ない.
自分個人としては助手席に座ってる分にはその手のいわゆる痛痒感は全然感じない,加速も十分で流れに乗れる.
その上とりあえず屋根を閉めておけば車内は本当に静か,実に安楽で快適に助手席に腰を下ろせておける.
「おもてなしのクルマですから」とか彼奴は言ってたけど実際運転手だけのクルマではない,内装もかなり贅沢だし.
けれど,確かに峠道ででかさや重さを感じたのは事実で,逆に彼が自分のインプの助手席に乗ると「良いねえ,やっぱ軽さって大事だねえ」とか感慨深げに言うのを聞いても,おそらく軽快さと言う表現は使えないのだと思う.
が,さすがにCCだけにオープンで峠道を走るのは実に爽快だ.
「屋根無し」の威力を遺憾なく発揮して上から斜め後ろまで何の遮るものもない景色を堪能できる,コレはこのクルマでしか出来ない一種の特権だろう.

にしても事故った直後は「オープンカーなんか絶対死ぬ!」と鼻息荒く言ってた割に出てきたのがこれなんだから,大した御仁だと改めて感心する.
そんなクルマ莫迦の輪の中に実は自分もちょっとは入ってると思うと,笑ってしまうお盆のある一日なのでした.
[207CCだったり,エアコン洗浄だったり,エキマニだったり]の続きを読む

帰省

2007年08月12日 22:09

を11日にした訳でして,今のこの記事はまさに福井の実家から書いております.

しかし今年はお盆の13日が月曜ってことで,実質帰省ラッシュになるのはそのすぐ手前の土曜~日曜(11~12日)に当然なってしまうのですけど,これが珍しく自分が帰省する日と全く一緒になったのです,普段だと若干早いんだけど.

そんな訳で,元々交通量が少ないであろう栃木⇒高崎⇒関越道⇒上信越道⇒北陸道⇒福井のルートでも事故が起きたこともあって1時間ほど渋滞牛歩モードに陥る事態に,しかもその牛歩モードがよりによって上り坂と言うおまけつき.
半クラ操作で左足がだるくなったのも久々だなあとか思いつつもこういう時「だけ」ATの方が良いのかなとか思った次第であります.

しかも,何故かこの日に限って各地で今年一番の猛暑日てくらい暑かったもんだから,渋滞時なんか車内も情け容赦無く日に照らされて暑いことこの上なく常にエアコンはほぼ全開,この際地球環境がどうのこうのなんて言ってられないっての.
SAでちょっと自販機に…と思ってエンジン切って行って帰ってきたらもうシフトノブも触れないんだもの,始末に終えない.

と言う事で,冬を除けばおそらく今まで出一番時間が掛かったんじゃないかなと思う,渋滞に引っ掛った時間は間違いなく一番多かった.
そのせいか帰ってきて晩飯食って風呂入ったら猛烈な眠気にいきなり襲われましてそのまま9時くらいにはばたんきゅ~.
やはり渋滞を喰らうと精神的な疲れもあるのか,ひたすら運転してるのと比べると随分疲れるもんだなと実感した.
運転すること自体は好きなので,長距離でも走り続けてる分にはそんなに疲れないものなんだと思う,少なくとも精神的には殆ど問題ないんじゃないかなと.

毎回帰省途中では2~3回休憩するけど,実質600kmオーバーの走行ともなるとそれくらいはいるなと思う.
多少時間取られても事故起こすよりは遥かにマシな訳で,実際その日も事故があって渋滞に拍車を掛けていた,人に迷惑を掛けない上でも余裕は持つべきなのだろう.
ちなみに有磯海でのますずしは結構旨かった,通りがかる方がいらしたら是非お試しあれ.
[帰省]の続きを読む

食事は温かい方がいい

2007年08月09日 01:23

元々そう思ってるんですけど,最近殊更にそう思うようになってきました.
元々実は生物が苦手ではあるのです自分,食べられないことも無いのだけどどちらかといえば胃を悪くしてしまうので敬遠気味と言うべきか.

野菜にしてもサラダより炒めもんとか煮物の方が絶対好きだし,魚も刺身はいけないことはないけど煮魚焼き魚の方が好き,むつとかいわしの照焼きなんかたまらんね,おしゃけも焼いた方がやはり旨いとか思う.
そして肉なんかユッケとかは勿論生肉はほっっとんど食ったことが無い,大抵は文字通り煮るなり焼くなりしてしまってから食してる訳で,絶対腹壊しそうと言う意味も無い自信があるのです,本当に意味が無いけど.

でも良く良く考えると生物が苦手,と言うよりは冷たい食べ物がそんなに好きじゃない,と言うのが正解なのかも知れません.
例えば麺類.
別名「の星の人」(by彼女)とか「マスター」(会社の先輩)とか「あいつはさえ出しておけば大抵問題無いしのう~」(何を隠そううちの母)とか自他共に完全に認められてしまってる程麺好きだけど,その麺類にしても温かい方が旨いと思う.
冷やし中華とか冷やしうどんとか悪くは無いけど,温かい方と冷たい方とどっちが好いの?となると間違い無くラーメンとかけうどんの方が自分の好みだ.

あるいは,先日岩手に行った際にわんこそばを食べたついでに盛岡冷麺を買って帰ったのです,盛岡は盛岡でやたら遠いのでまあ良さそうなのを買って作るかなと考えた結果.
で,作って(茹でて上にてきと~に野菜のせただけだけど)一気に食ってみたら,まあ有名なだけあってなるほど悪くないけど,やっぱり「麺」ってのに何となく違和感を感じて気に入る所まではいかなかった,結構麺が固かったしね,ちゃんと茹でた割に.

結局冷たくてもいいのは蕎麦と冷麦そうめん(後ろ二つはそもそも冷たいのが普通か),麺じゃなきゃ豆腐とか漬物とか納豆とか,おかずはまだ冷たいものでも良いけど,主食が冷たいもの系だとあまり食う気がしない,温かい食い物の方が少なくとも一日三食のメインの食事としてはしっくり来るのは間違いの無い事実です,あくまで好みの問題ではあるけれど.
今だと果てしなきダイエットブームのおかげでどんな食べ物にもカロリー表示(kcal)が載ってるんだけども,カロリーってことは結局エネルギーであり熱量なのであって,温かいものを食べてカロリーを摂るってのが自分としては一番しっくりくるなあとは考えてます,
「食った気がしない」って表現あるけど,自分からしたら冷たいもので食事済ませた時ってのがまさにそんな感じなのかなとか.
あまりエネルギーと言うか体力になったって感じしないもんね,胃の中に入っただけって所.
なので夏場でも食事は温かいものの方がいい,そう思います,かなり暑いけど.

何やら音が…する(PHASE 2)

2007年08月05日 21:33

さてさて,今年も随分と暑くなってまいりました夏は八月,一気に出まくってきた我がインプレッサの異音の数々(まとめて三つってどういうことよとか)をどうにかすべく,例によって「いつもお世話になっております~」のスバルのディーラーへ行って診察を受けることに.
折りしもその日は風も多少あったせいか,メカニックと同乗しながら異音を聞かすにしてもこれがなかなかに難儀しましたが,全ての異音に関してある程度結論は出ましたので今回はその結果報告.

ひとまず大雑把な結論からすれば今回の異音はどれもクルマに対して致命傷な何かがあった訳では全然なかったと言うこと,通常走行には支障無しなのでまずは安心,とは言え修理は一通りは必要なのだけど.

1個目:パワーウインドウ
これが例によってディーラーに行く直前にはしっかり消えてやがった音.
行く前に何度かやってみても動きが渋い程度で,基本全く問題なし.
これじゃディーラーに行ってもなあとか考えて,敢えて言わないことにした,いずれにせよ交換するにしてもレギュレーターASSY丸ごととかになって工賃もかなりになりそう(ドアの内張りとかばらさないと多分無理)なので,もっと顕著になるまで置いておこうと放置.

2個目:ブレーキの「クッ」音
実を言えばこれもメカニックに直接聞かせることが出来なかった.
ので原因が出るかなとか不安だったけど,ディーラーの車庫で多少動かしてみたら意外にもはっきり出たそうで,パッドとキャリパーの組付け部にスキマがあってブレーキングの際にそのスキマのせいでパッドがキャリパーにカン!ッと当たる音らしい.
元々パッドが減って薄くなってもちゃんとローターに密着する(ブレーキング出来る)ようにワザとスキマ設定にはしてあるそうだけど,社外品だからかいまいちそのクリアランスがデカいのだろうか,あまり良い音ではないんだけど.
ともあれ無理にパッドを動かないようにすると片減りなどで逆に危険だそうで,結局問題にはならないと言う事で放置.

3個目:エンジンからのキリキリ音
一番気になってた音.
さっきも書いた通り,同乗で確認してもらったものの風がありなかなか音が聞けない状態(窓を閉めると実は全然聞こえないレベル)だったものの,「ああ,これですね,聞こえますよ」と認識はしてもらえた様子.
で,出てきた結果.
エキマニの遮熱板のボルト結合部が一箇所割れてカタカタ状態に,実際に下から覗かしてもらったら見事にボルトのフランジ部が割れてまして触るとカッタカタな状況,板厚t=2.0程度の代物なので劣化でやられた感じか.
遮熱板なので結局エンジン本体には全く影響ないとのこと,しかしさすがに放置も出来ないのでここは部品注文と修理の依頼をして連休明けにでも再び持ち込むことに.

何だかんだで気にしていた割には致命傷じゃなくてホッとしたのです,場所が場所だっただけに.
まあ出来れば元帥の言うように部品交換とかも無く,「ネジ締めたら治りました」位が丁度いいのだけど,そこはやむ無しといった所.
これで不快な思いをせずにまた気ままにドライブに行けるという事で,まだ修理も先だけど目出度し目出度しと言った感じであります.
[何やら音が…する(PHASE 2)]の続きを読む

何やら音が…する

2007年08月03日 00:07

と言ってもこんな時期と言ったからって怪談じみたネタではないのです,壁薄いから確かに隣人の物音とかなかなかに聞こえてきてしまうのですけど.

ともあれ,人にもよるけど当然世の中聞こえていて「良い音」と感じるものも「嫌な音」と感じるものも沢山ある訳で,最近その「嫌な」音を聞くようになってきたのです.
どこでどんな場面で?答えはクルマの中,と言う事でにわかに自分のインプから色々と音が出だした訳です.
「お前のクルマ,マフラーの音ですぐ来たって判るぞ」
とは会社の同僚に度々のたまわれる台詞,なんだけど当然ながら今回の音はその類の「良い」音ではない.

まあこれが最近,ここぞとばかりに色んな所から色んな異音が聞こえ出して正直かなり気になっているのです.
何せクルマからの「異音」の類でとてもじゃないけど聞いてて気分が良い訳が無い,そもそも「普段とはなる」だから異音なのであって,実際には聞こえてきて良い訳が無いのだし,其れが自分にも容易に理解できるから尚更気分も悪いし不安なのであります.

ともかく2~3週間ほど前から運転席のパワーウインドウを下げた直後,その付近から「コキッ」とか「カクッ」とかいかにも窓が落っこちそうな音がし出した,さすがに窓が脱落すると言うかつてのランチア級のトラブルにはまだ幸運にも遭ってないけれど,ウインドウを全部降ろさず,中途半端な位置で止めておくと特にその手の異音が聞こえやすくなっている.
どうもこのまま行けばどっかで脱落するか動かなくなるような勢いだ.
そして2~3日前からついでに助手席も音が聞こえだした,出したような気がするのです.
当然同じ時期に同じように組まれた部品だから,同じ時期にぶっ壊れるのは自然の道理だけど両方同時はさすがに困る.
これが一個目の異音.

では二個目,はまだ場所がはっきりしていない,フロントの足回り辺りじゃないかとは考えているけれど,ブレーキを踏みこんでクルマが殆ど止まろうとする瞬間,いきなり「クッ」と言うテンションを掛けていた金属が元に戻るような,いかにも変な音がしている.
以前溝にフロントを落としたダメージかとも思ったけど,そもそもそこから大分月日が経っているし,覗いてもボルトの緩み等は見られない.
ただ,正直な所ブレーキ,それもキャリパー側じゃないかなとかふと思っている.
かつてパッドを交換した際にメカニックの人から「キャリパーのポッドが固着気味だった」と言われたことがあるからなのです.
もしかするとまた固着し出してブレーキを踏んでもポッドが動かないか,もしくは動きが遅れ出してるかはあるかも知れないと考えている.

で,今最も気になってる三個目の音がどうもエンジン周りからしている音だ,こっちも正直推測しか出来ていないのだけど.
走ってる際にふと耳に「キリキリキリキリ…」と何やらが振動してるか転がってるような音がするのです,これが金属独特のかなり甲高い,非常に嫌な音なので本当に耳につく.
最初は治したばっかのミッションにまた何か起きたのかと思った.
が,ある時意を決して空ぶかししてみたら,むしろフロントからわずかだけど同じ音がしたのであります,つまりミッションでは無くエンジン周りなのは間違い無い.
これも下から覗いては見たもののやはり何も異常は今の所見えない.

もしかすると二個目の音ともリンクしてるのかも知れない,ともあれミッションに関しては最近治したので急にまた,と言うことは無いとは思うのです,その代わりフロント周りはそこまで見てないだろうし,あるとすればエンジンのどっかなのかなと.
出来ることならエンジン本体の音ではないことを期待したいけどなんとも不安な音だ.

とかくクルマに限らず「」と言うのはメカニズムの異常を察知するにはかなり判りやすい事象には違いない.
何も異常が無いメカニズムならその規則的な作動に感ずる音以外は一切起きない原理のはずだからだ.
だから異音が起きた瞬間にそれは不具合であり,しいては故障である他無くなってしまう訳で,今挙げたインプに起きている異音の類も少なくとも放置しておいて問題ない音の類では全く無いだろう.
そもそもどれに関してもとても気分の良い音には聞こえないのだし.
[何やら音が…する]の続きを読む