事故るか否か

2007年02月27日 00:30

栃木県は事故が多い,本当に多い.
どれだけ多いかといえば愛知県と毎年死亡事故数No.1を争うほど多い.
人口とかクルマの台数だけ見ても愛知と栃木では結構差があるはずで(ちなみに人口だけ見たら3倍強),そんな県と不名誉なNo.1を争ってるんだから半端無い.

かく言う自分ですら,ゴールド免許は持ってるとは言えヒヤリハットよろしく,後一歩で事故確定だったことも一度や二度ではない.
幕張へ首都高速を使ったときも,はたまた通勤中であっても何度か危ない目にあってるのが正直な所だ.

とは言え,免許取立ての時にいきなり溝にはまって以来,インプレッサを購入してからこのかたはどうにか今まで事故を起こしたことも遭ったことも無い.
たまたまとも言えちゃうだろうし,日頃の意識のおかげとも言えなくもない,と思いたい.
あくまで個人的な考えだけど,事故が起きるときと言うのは場所や時間はどうあれ最終的には当事者のちょっとしたを突いて来るものだと思うようになった.
実際自分で運転してると,四六時中あらゆる標識や歩行者,対向車などの道路上の情報全てに目を向けることは不可能に近い.
勿論理想はそれらを全て把握することなのだけど,そもそも人間の眼自体一定の方向しか見れないし,クルマ中から見る視界での死角もかなりある.

となると,やるべきは今運転している自分にとってどの情報が有効かを「選ぶ」ことだと自分は考えている.
渋滞や歩行者自転車の多い街中等では選ぶべき情報は格段に増えるし,逆に何にもないただのだだっ広い道路なら,せいぜいセンターラインとオービスくらいに気を配ればいいだろう.
さっき言ったとはその情報の選び方を何かの拍子に間違ったか,全く見えなかったか,それともあえて無視して選ばなかったか,そんな所じゃないだろうか.
その代償がヒヤリハットかあの世に召されるかは置いといて,だ.

実家の親父なんぞは「一回事故を起こさんとわからんもんだ」なんて本気で言ってるけど,確かにどれを選ぶべきか,ってのも結局は経験であり慣れなのは事実だろう.
となると実働3年の自分なんか,まだまだ怪しいもんなのだ.
そう思ってればまあ事故は防げそうだと思う.

と,同じ駐車場のプリウスが事故った状態(右フロント半壊)で置いてあるのを見てふと思ってしまった.
事故は思ったより自分に近いものなのだ.
スポンサーサイト

自分の声

2007年02月22日 01:56

自分の声と言うのは自分の耳に入ってくるのと他人が聞く(つまり実際の声)とでかなり違う,と言うのは良く知られた話だ.
理由を大雑把に言えば,他人の声や音の場合はそのまま耳に入ってくるのに対して,自分で出した声はどうしても頭蓋骨を介しながら耳に届く,つまり声の振動の伝わり方に差があるためだ.
と言う事で,実際の自分の声を聞こうとするには録音なり何なりで自分の音を別の所から聞き直すしかない.

で,たまたまこの前友人が撮った映像の中に自分もいて,かなり(それこそ水泳と同じ時期くらい)久々に自分の声を聞いたのだけど,まあ正直コレがかなり驚いた,「自分の声ってこんなんだったのか?!」なんて知られざる真実を知ってしまったようなものだ.
正直聞かなきゃ良かったとまでちょっと思った.

まず驚いたのが自分の声がやけに甲高かったことだ.
自分の声は「自分で」聞いてる限りはもっと低い,男らしい声だとばかり思っていたのに,実際の声は変な高音に聞こえた.
周りから「お前の声は高くて通る」とよく言われてるけどようやく納得出来た,確かにこれは高い,それも何か嫌な感じで高い.
これはとてもいい声とは言えないだろうと凄いマイナスなイメージを持ってしまった,自分の声なのに.
「いい声」と言うのは勿論人それぞれだけど,例えば歌の上手い人で,す~~~~っと綺麗に伸びるような声,あれはいい声だと思う.
音は全て振動によって発しているものだけど,そんな震える感じがまるでしないと言ったらいいだろうか.
精密に組まれたエンジンが高回転まで何の淀みも落ち込みもなく回りきる,そんな乱れがまるでない,そんなイメージだ.
逆に判りづらくなったかもしれないけど.
でも,久しぶりに聞いた自分の声はそれに比べたらエライ荒れ様だった,だみ声とまでは行かないけどとにかく声が安定していない,まさに振動の塊がどかどかと自分の口から出てくるようだ.
これじゃアメリカンOHVみたいな鈍重でがたがたなエンジンじゃないか.
全然精度も出来も良く無さそうだ.
鈍重なくせにやたら回りまくるんだからむしろ大戦時期の戦闘機のレシプロの方が的を射てるかな.
プロペラ付きでやたら回せばそりゃやかましいことこの上ないに決まってるじゃないか,そんなイメージになってしまった.

そんな感じで自分の実際の声を自分はむしろ嫌いになってしまった,それくらいイメージとの落差が酷かった.
それにこの手の超音波のなりそこないみたいな声って,実は嫌いな人が多いんじゃなかろうかといきなり不安になってきた.
何せ明らかに自分はこの音質は苦手な音域だ.
嫌いな人にはかなり嫌いなタイプの声じゃないかと思う.
こんな声でカラオケとかでガンガン歌ってたりしたら,そりゃ本当に超音波ばりに不快になる人が出てきそうな勢いじゃなかろうか.
今まで自分を話したことのある人でそんなことを思われてもおかしくと思う.

ともあれ,しばらくはそのショックを引きずりそうだ.
直しようがないってのに嫌いって手の打ち様がないじゃない.

何か色々起きた一週間

2007年02月19日 02:07

何か今週は色々あった気がする.
とりあえず二日遅れでようやくチョコを受け取ることに成功した.
苦労した分喜びもひとしおって感じで調子に乗って一日で半分くらい食い尽くしたら,「そんなことしてると手前もメタボじゃ~」ととんでもないお説教を食らってしまった.
しかし思うにわざわざ「メタボリック症候群」なんて片仮名を使う必要がどこにあるんだろうか,微妙に格好がいいというか『症候群』なんて一種の精神病みたいな呼び方すると,あたかも当事者が悪いって印象が消えるような気もするけど,結局はただの肥満であり,要は『ブタ症候群』ってことじゃないのかと思う.
いや,そんなことを言ったらブタに失礼じゃないか.

で,本当はそんなこんなのことをチョコを貰えた日に書こうかと思った.
のだけど,何故かその日のある時間を境に自分のブログが一切表示されなくなった,何度開きなおしても出てくるのが真っ白な画面だけ,次の日も真っ白,他の知り合いのページのブックマークから飛んでいってもやっぱり真っ白.
なんなんだこれ??と面食らった,自分だけが見れないならまだしも知り合いもどうやら真っ白らしい.
メンテ中か?と思ったら,知り合いのブログも同じ所で普通に見れていたから自分の所だと判った.
ウィルスか新種の荒らしか,とも考えてみたけど其れにしては現象がおかしすぎるし,そもそもその手のダメージを食らうような身に覚えが一切無いから途方に暮れてしまった.
それで結局今日になってメールで管理者側に連絡した後,ふと別のルートからたどって行ったらあっさり復活した.
正直何が起きていたのか一切判らない,はかりも多少進んでいたと言うことは何気に見れていた人もいたと言うことなのだろうか?
状況がいまいち掴めないけど復活してこうやって物書き込めているからよしとするしかないか・・・.

とまあ,いろいろ細々と面倒だったのだけど,他には多少の成果も上げた,勿論主に趣味で.
ひとまずインプレッサのアライメントを調整して貰った.
実は過去に交差点で歩道のブロックにゴトン!と左のリヤを乗り上げてしまったことがある,でそれからしばらくして直進してるはずが微妙に右に逸れていくような状態になってしまった,だから真っ直ぐ走るときはちょっとだけステアリングを左に傾けないといけなかったのだ.
スタッドレスの妙な不安定感とも相まって次第に「これはまずいな」と考え出した時,ようやくアライメント調整を掛けてくれる所を見つけてインプレッサを送り込むことに成功した.

で,まず調整前
http://blog-imgs-10.fc2.com/m/i/y/miyoshikeej20/20070219014513.jpg
見ての通り,実は当てた(つまり身に覚えのある)リヤよりフロントの方が問題だったと言う顛末,何かこういうのって自分が予想していたのと全然原因が違うから凹む,燃料ポンプのときもそうだったし.
もっと言えば基準以下の箇所が思いのほか多かった(TOEとCAMBERはほぼ全滅)のもショックだった,そこまで何かした記憶など全く無いだけに,だ.
でまあ結果が出た以上はとにかく調整と言うことでその結果がこんな感じ.
http://blog-imgs-10.fc2.com/m/i/y/miyoshikeej20/20070219014532.jpg
後はタイヤも片減りに近い状態だったらしく左右前後でローテーションしてみてバランスをとってみた.
乗った感じ,右に寄るような動きは確かに無くなった,けど逆に今度は左に持ってかれるような感じもしなくも無いけどどうなんだろうか.
作業してもらった人曰く,「タイヤのローテーションしなかったらもうちっと左に流され気味だったのでタイヤも影響受けてるみたいですねえ」とのこと.
ひとまず数字上は綺麗に出たから,しばらく慣らして春にラジアルに戻してどうなるかと言った所だろうか.
ラジアル履いていた時には流される現象は一切無かったから,タイヤの影響は少ないはずだ.

相変わらずインプレッサの修理に¥が飛んでいくもんだなと思う.
やはり13年も前のクルマではもはや旧車の類なんだろうか.

腐って無くても2月14日

2007年02月14日 22:41

今年も何だかんだでチョコレートを遠距離の彼女から贈ってもらった.
とは言え,連日の緊急残業モード発動でチョコの代わりに不在票がもれなく貰えていると言う甚だ腹立たしい状況ではあるのだけど.
こんなことを書けば「ざまあみやがれ!」とウルトラファイト張りに叫びながら笑い転げる奴が絶対いる.
いると容易に想像つくから殊更に腹が立ってしまう.

それにしてもマメだなあと改めて彼女には感心してしまう.
「あたしゃずぼらじゃけえのう~.」とか言って実際部屋の片付けとか皿洗いは自分の方が4倍は上手く出来るとお互い合意してる程なんだけど,気が付けば何かと色々手間を掛けてくれてる,特にこの手のイベントの類は女性ゆえかやはりやる気満々だったりするようなのだ.
この手のマメさ加減が今まで仲が続いてる理由なんだろうなと思う.
感謝し切れません,ホント.

にしても最近彼女についてつらつらと書くのもあまり抵抗なくなってきたなとふと思った.
やっぱり誰がどう見てるか知れたもんじゃないし,そもそも恥ずかしいのもあって書かないようにはしていたんだけど,近頃はそうでもなくなってきたかなと思うようになった.
とは言え,そんなに色々と語るようなネタが二人の間で起きてる訳でもないんだけど,無い訳もやはり無い.
それに別に後ろめたい訳でも隠す必要も無いから何も書かないのもおかしいよな,と考え出した上で今日みたいな事態になってしまうと,もはや書くしかなくなってしまう.

しかしこんなこと書いてると結構凹むなやはり.
ひとまずは電話して謝っておきます.
明日にはいけるだろうか・・・.

どざえもん

2007年02月12日 01:25

実に10年振りに泳ぎに行った.
中学を出てからと言うものおよそ泳ぐという場面に一切触れてこなかった,プールで水遊びする程度なら一回くらいはあったけど,「泳ぐ」に関しては海は勿論プールに入るのも本当に10年ぶりだ.

今になって何で泳ぐことになったかと言えば,会社の同僚達が運動不足解消の為(勿論ダイエットなんかも含むんだと思う)に近くのプールに行き出したからで,今回自分はその中の一人に誘われて何はさておき行って見た.
確かに自分も相当な運動不足とは言えよくもまあいきなり泳ぐ気にもなったもんだ,10年振りだと泳ぎ方を覚えているかどうかからまず怪しいレベルだし,25m泳げるかどうかも不安.

そんな怖いもの見たさの状態でいざプールへ,ってこのプールで着替えたりするのすら何年か振り,水の中に浸かって身体を動かすことすら何もかも懐かしい,なんて言いたくなる位で恐る恐る身体を水に浮かべて手足を動かす・・・
ああ,そうだそうだこんな感じで泳いでたな,やっぱ中学まではやってたから身体が覚えてるもんなんだな,動きまで中学の時とあまり変わってないのは決して気のせいじゃないだろうな.
ひとまず形にはなって前に進んではいるけど息継ぎはヘッタクソで平泳ぎなんか浮いたり沈んだり,やっぱ運動の才能無いねオレ,と思う.

そんなこんなで結局トータルで500m程は泳いでみたけど,終わったら特に上半身が相当酷使されたみたいで肩が痛い.
脚は全然大丈夫なんだけど上手く使えてないからだろうか.
連れて行ってくれた後輩なんかはなかりストイックになって泳ぎまくってたけど,たいしたもんだと思う.
自分はどうするかな,平泳ぎで気楽にすい~~って感覚が結構面白かったので,そんな感じで地味にマイレージ伸ばして行くのがいいかなとか計画中.
今日の500mも結構無理して達成したから,その辺余裕で出来るようにはしたい.
いつになるかは謎だけど・・・

異常な悪夢(PHASE3)

2007年02月09日 00:13

とは言え,今日のはさほど悪夢でもなかったような気がする.
夢と言うのは大抵何かしら現実離れした(特に時間とか場所)物が多い訳で,ふっと目が覚めた時当たり前だけど自分が布団の上にいることや自分の家にいることで良くある台詞,
「ああ,やっぱ夢だったか」
てな独り言を多かれ少なかれ言ってまた寝るか起きるか,夢を見た直後ってのは大体こんなもんで無いだろうか.

ところが,以前の日記宜しく最近自分が見る夢はやたらと現実味があるから,↑みたくはっと目が覚めても果たして今時分が起きたのが現実なのか,夢だと思ってたのが現実なのか,頭が働いていないこともあってまるではっきりしないことが起きている,正直コレは怖い.
特に寝過ごした夢なんか,自分の家が舞台だったことは勿論時計等の身の回りをはじめ二度寝して起きた時の自分の感覚(一度起きたときより何気に眠い)まで全く同じだったから,かなりの恐怖に晒されたもんだ.
夢から覚めて起きてもとかく時間が気になって,携帯は勿論家に置いてある時計の類はくまなく時間を確認し,全部が同じ午前7時だと知って「夢か・・・」とようやく落ち着けた.

で,まあここに来て三度目の「現実的な」夢を今朝見たのだけど時間的にはかなり短かったかなと思う.

やっぱり時間は朝方.
目が覚める自分.
その傍らで携帯の目覚ましがいつも通りなっている.
時刻は7時
今日は朝一である必要は無いからと目覚ましを切ってさっさと二度寝.多分もうしばらくしたらまた目覚ましがなるだろう.
そういう風にセット済みだ.
そう思いながら意識がすぐに消えてゆく・・・.

しばらくの後にまた起きる.
やはり耳元には携帯の音,目覚ましの音だ.
寝ぼけながら携帯を取り時間を見る.
時刻は・・・・・・朝7時
今日は朝一である必要は無いからと目覚ましを切ってさっさと二度寝.
力が抜けてすっと意識が消える.
何かさっきもこんな感覚だった気が,と思いながらもすぐに意識は消える.

また携帯の音.
やれやれもう7時半か,とうんざりしながら携帯を掴む.
さすがに起きないとなと時刻を見ると・・・朝7時

もうお分かりかも知れない,自分はまさに「朝一度目に起きる夢」を見ていた,しかも二度だ.
つまり自分は夢の中で起きて寝てまた起きて寝た,ってことになるのだろうか,そんなことってあるのだろうかと正直自分の記憶をかなり疑わざるを得ない,得ないのだけどやっぱり三回は携帯で
朝7時
を見たような気がする,気がするので怪しい.
けど気がする.

果たしてどうなんだろう.
寝起きの夢となると前回に続いて二度目だ,同じ夢ってだけでも何か不安になる.
こんなことってあり得るのだろうか.
レム睡眠とノンレム睡眠のサイクル中でレム睡眠で起きる夢を見てノンレムに入ってまたレムで起きる夢でも見たのだろうか,そんなことが起きるなんて聞いたことが無いのだけど・・・
さすがに夢ともなると証明する材料がある訳も無くどうしようもない・・・

それにしても怖い夢だと思う.
変な悪夢よりよっぽどこっちの方が怖い.
「一度起きてまた寝る夢」なんてこんなの繰り返させられたら,本当に自分は目が覚めてるのだろうかと疑わずにはいられない,まさに夢と現実の狭間にすっぽり入ってしまった気分だ.
こうやってキーを打っているこの時間も夢かも知れない.
そんな危ない感覚を思わず持ってしまうくらいそれはリアルな夢だったのだ.

やっぱり精神異常

2007年02月04日 22:32

金曜のこと.
定時で上がる予定が結局残業⇒さすがにぐったりきたのでそのまま岩盤浴⇒身体は十分温まったけれど予想外に体力も消耗して更にぐったり(結局熱出すわけで体力は使う,サウナと一緒)⇒懲りずにラーメン屋を探しにドライブ(三日連続麺類)⇒何かしらふと思い立ち久々にそのままドライブ⇒気が付けば栃木刑務所付近⇒更に南下⇒結局何も無くとりあえず帰宅.
そんな週末の深夜のミヨシケ.

やっぱり何かしら頭のネジ5~6本は外れてるな自分.
子供のときに部活なり何なりで思い切り「やり込む」ってことしておかないと,大人になってからいきなり趣味とかに嵌り出してエラいことになるらしい(勿論この場合は¥的にも他人への迷惑的にもね).
と,会社の先輩がのたもうていたけど,それって結構当たってるよなあと思う.
中学は化学部で高校は無所属,で大学は漫画倶楽部だったから身体使い込んで何かやり込むってことは全然やってなかったんだよなあ.
自分が中学の辺りから急に「イジメ」が表に出だした時期で,自分もご多分に漏れずイジメられてた方なんだけど,イジメてたやつらが大抵運動部だったものだからトラウマ的に運動部自体が嫌いになっちゃったと言う経験がある,あれは本当に嫌だった.
だから未だに運動部というか体育会系のノリは大嫌いで,飲み会なんかはその典型.
でもそう言う体育会系に言わせれば,純文科系の自分なんかは文字通りの「軟弱者」らしいから,仕事とかでも差別とまではいかないけどそんな感じに見られることがある.
向こうも雰囲気で判るんだと思う,「こいつ,文科系だな」って途端に態度が変わった奴いたしさすがにげんなりさせられた.

まあ,イジメは本題じゃないから置いておいて.
そんな感じで運動部にはまるで縁を作らなかったんだけど,身体動かすこと自体は結構好きでまあ文字通り下手の横好きみたく草野球とかフットサルもちょびっとだけやってて面白かったりはしたんだけど,それが今はインプレッサを手に入れてドライブになってるんだろうなと.
クルマ操作するのにそんなに体力使うわけじゃないけど,自分の手足で何か(この場合はクルマでありインプレッサ)動かしてなおかつ自分もどこかに行ってるって感覚はかなり感じることが出来る,ドライブの何が良いかってそこが楽しいって事.
だから走る所は殆ど限定しない,渋滞でノロノロしない限りは街中でも国道でも高速でも峠でも,どこでもオッケー,高速は¥も掛かるので早々行くわけにもいかないけど.

こんなこと40歳過ぎてからでもやってたら確かに危ないよなあとは思う,そう考えたら少なくとも今の年齢でネジがぶっ飛びまくってるのは「まだ」マシと言うか自分としては丁度いい時期なのかもしれない.
クルマは免許取れなきゃ乗れないしね.
とりあえず今度は目的地だけでも決めて走りに行こうか.

関東東北周辺で何か良いとこあったら教えて下さい,一っ走りして見て来ます.
中尊寺金色堂とかいいな,「夏草や兵どもが夢の跡」だっけか.

今更納豆なのである

2007年02月01日 01:25

そう,色々とお騒がせな今の時期にこそ敢えて納豆を買ってみた.
不二家みたく食い物として危険ならまだしも,納豆自身に何か問題があった訳ではないから買うのを躊躇する必要は全く無い.
どれどれ,今なら安かろうとか皮算用した後久々に買いに行ってみたのである.

例の騒ぎのおかげで予想通りというべきか,一時は店頭から消えていたらしい(自分が見た時はブームの最中でも普通にあったけど)今回見てみたらいつも通り山積みだった,しかも安い.
とは言え納豆って思ったよりも賞味期限が短いものだから,独り暮らしだと一度に二セットも三セットもとても食べきれないから,結局いつもと一緒で二パックのを一個買うだけにした.

それにしても他の客が明らかに納豆にまるで見向きもしなかったと言うか,意図的に避けてるようにすら見えていたのはやはり自分が情報として例の騒ぎを知っていたからだろうか.
こういうブームほど恐ろしいものは無いと思う.
特に今回は一気に火が点いたと思ったら文字通りのまっさかさま,しかも当の納豆自体には何ら罪(?)も無い訳だから哀れとしか言いようが無い.

納豆が身体に良いってならともかく痩せることはあるまい,結局は肉と同じ蛋白質なのだから,肉にも脂にもなる要素はたらふく持ってると見るべきなのだけど,「ダイエット」の二文字で全てが良く見えてしまうのだろうか,阿呆な話だ.
極度の肥満ならともかく,痩せると言うこと自体が不健康な状態だと考えるのは自分だけだろうか.
健康だから食って使わなかった分を蓄えようとする訳で,健康な身体で痩せようとするなら結局は食うのを減らすか,動いて消費するしか無いはずだ.
実際自分は必要に応じて両方で対処するようにしている.
と言っても食う量はいつも大盛で滅多に減らさないし,運動と言っても近所へ自転車使うかバッティングセンターでヤケ気味に投打してるしかないのだけど.

とにかく納豆なんかでは痩せない,と言うことはもう自分で証明してみた.
この二日で一日一パック納豆を食ったら,ご飯が進みまくったおかげで0.5㎏増えた.
ほれ間違いない,納豆を食えばむしろ太る.