同類相哀れむとは言うもので・・・

2017年05月29日 23:14

金曜日からこの月曜日まで、実働立った二日で3回もパンクする憂き目にあうとは思いもよらなかった。
「何言ってるのかわかんねえと思うが」そもそも自分も訳が分からないのだからしょうがない。
当の本人もまさかこの二日間で4回も5回もタイヤをかっさばいて中のチューブをとっかえひっかえする日が来るとは思いもよらなかった。

事の始まりは金曜日の通勤時。
久々に通勤中の車両事故現場を見ながら用心して歩道側(勿論自転車通行可)を走ったものの、そんなに世の中甘くない。
見事にガラス片と思しきものをフロントタイヤに拾ってしまい一気にパンク。
まだ救急車も来たばかりで掃除なんかされていない路面をまともに走ったのがいけない。
たまたま職場にあと数百メートル程度だったので事なきを得たのだけど、迎えに来てもらってさて帰宅・・・と思ったらあろうことかリヤタイヤまでパンクしていた。
破片はどこにも見つからなかったものの、恐らく同じように事故現場で”拾った”ようだ。

ガックリきつつも折角だからと自力でチューブを全て交換してしっかりタイヤに何も残っていないのを確認して作業完了!
頑張ったオレ!と自画自賛して月曜を迎えたのに・・・。

翌朝軽快に走り出していると、急に「シュー」と言う擦れたような音がして、一度停車したと言うのに音が止まらない。
「まさか・・・」と思ったらしっかり新しい?破片がしっかりリヤタイヤに刺さっていて完全に終了。
いくらなんでもこの怒涛のパンクラッシュは予想も何も出来たものではなかった。
修理キットは流石に持っていなかったので、トボトボチャリを引きずりながら「会社に遅刻する旨電話せな・・・」と思いつつ上り坂の橋を渡り切る。

と、何故か見知らぬ自転車乗りのおっちゃんがこっちを見ながら待っている。
そして一言「パンクしました??」
わざわざ修理キット(絆創膏みたいなアレ)まで渡してくれて、突貫で修理。
名も語らずそのおっちゃん(と言いつつ年齢は不明)は「や~よくあるんだよね、しょーがないよね~」と明るい顔で、これまた軽快に通勤していってしまった。
れきとしたロードバイクに乗っているそのおっちゃんはそれはあっさりと見えなくなってしまったのだけど、よくぞこんな通勤時間に時間も掛けて手伝ってくれたもんだ。
結局遅刻もせずに私自身も間に合ってしまったのだから、これ以上言いようがない。

ここまでは美談だったのだが、結局帰宅時に見ると詰め込んだ空気はしっかり「抜けて」しまって万事休す。
徐々に徐々に抜けてったようで、これ以上はまあ無理だったのだろう。
とにかく近場のホムセンで空気だけでも・・・とまたチャリを引きずって帰宅してたら今度はさらに別のおっちゃん登場。
お「パンクです?」
私「ええ、朝やっちまって応急したんだけど結局抜けてしまって・・・」
お「あそこのコンビニ、パンク修理貸してくれますよ?そっち行ってみたらどうです?」

ココココンビニ?!
と慌てふためき指さされたコンビニを見ると・・・、あ、ロード用のチャリスタンドが常設してある。
有りそう・・・。
実際コンビニにあった修理キットを拝借して空気を詰めなおして無事帰宅。
ただし、結局空気の抜け場所は見えず、諦めてチューブを再度新品に交換、今に至る。

まさか貯えのチューブが経った三日で使い果たすとは思いもよらなかった、とうとうパンク修理キットまで常備しないといけないのだろうか、ただでさえ仕事着と雨合羽で随分背中のリュックは重いのだが・・・。
そして恐るべき宇都宮、同業者(?)が多いのは知っているが、ただ自転車を引いて歩いているだけどここまで気にされるとはそれこそ予想外だ。
何せ自転車通勤者(勿論ロードやクロスで)は自分以外にも結構な数が居るとはいえ、おかげで今回はずいぶん助かってしまった。

しかし明日の通勤は地味に怖い。
またパンクしたらどうしよう・・・
[同類相哀れむとは言うもので・・・]の続きを読む
スポンサーサイト

連休をフルに使ってみる

2017年05月07日 23:41

「休みは休むもの」と言う考えは全く正しいと思うけど、今回のゴールデンウィークは福井の実家への帰省も含めて、かなりアチコチに出向いたり観光したりで相当家族で動いた。
まあ何せ娘がまだ小さいので、いや小さいからこそ今のうちに行けるところと言うのもあるというものだ。
これが良い年頃になっては下手したら帰省すら嫌がられてにっちもさっちもいかなくなるかも知れない。
それにつけても、行きと帰りで今更確認すれば総走行距離:1500キロ超、家族3人でよくもまあと呆れと言うか感心と言うか・・・。
帰省も兼ねているから当然なのだけど、私も家族もよく頑張ったものだ。
そんな今回の行った先の感想などがこちら。

1:天橋立
言わずと知れた日本三景の一つ。
宮城県は松島に行ったなら次は実家に近いこちらだろうと、これは元々帰省の折に予定していた。
実家の友人や親に言わせれば「一回行けばまあもう満足」とのことだが、じゃあ一回行かないといけないだろう。
理想は天橋立を自転車でも借りて渡ってしまいたかったが、そこは家族連れなので諦めビューランドと渡り船で景色をのんびり眺めた。
個人的にビューランドのケーブルカーかリフトがお勧め。
上りながら天橋立を一望できる。

2:上田城
帰りに長野方向を通るなら、と真田丸から一年遅れで訪れた。
とは言え、真田丸人気はいまだ落ちてはおらず、4月末にあった真田祭も終わったのに日本全国から観光客が随分と来てて賑わっていた。
特別展示で大河に使われた鎧なども観れて十分堪能。
鉄砲持って写真撮ったり、運よくおもてなし武将隊と写真を撮ってもらえたりでやることやり切った感。
我が家は意外とミーハー連中である、よく知ってる。

3:鹿教湯温泉
その上田市市内・・・と思ったらさらに山中へひとっ走り、場合によっては有料のトンネルまでくぐる必要がある先にある温泉。
クルマでも十分行けるけどなかなかの奥地秘境ぶり、超有名どころじゃないけどそれが良い。
とは言え連休中なので宿が取れたのがやっと6日だったのだから決して馬鹿にしては怒られる。
静かな山中で温泉を(しかも朝風呂で)ゆっくり味わえて大満足。

4:足利フラワーパーク
後は栃木に帰るだけ・・・と思ったら突如予定外に寄り道。
大藤祭の時期にドンピシャだったので折角だからと訪れたけど、満開の藤は圧巻の一言。
海外の旅行か何かで紹介されるだけあると思う。
春に植物園関係に行くと言うのは非常にべたな話だけど決して損はしない。
一通り藤の花のトンネルを堪能した後に、小高い丘に登ってしまってそこから一望するのが個人的にお好み。
時間に余裕があれば是非夜のライトアップの景色もと言う所か。

日頃の運転好きが幸いしてホントにガシガシ走りまくり景色を観まくった。
ホントに観まくったと思う。

精神と時の部屋(実家)

2017年05月03日 16:17

妻の実家の岡山だろうが私の実家の福井だろうが、娘にとってはいつもと随分違う環境に置かれるせいか、はたまた実家の爺ちゃん婆ちゃん他親戚と遊べるせいか、我が主こと娘が突如として覚醒(成長)することが多い。
いつもの生活と随分違うからと言うのもあるだろうし、帰省ついでに行ける範囲でお出かけもするから頭にも体にもうける刺激も違うのだろう。

ということで今回の福井帰省。
元々歩けるようになってからの帰省だったとは言え、帰省してからと言うもの、階段や段差も平気で乗り越えだした。
低い段差なら平気で脚だけで上がりきるし、階段程度なら両手を使って器用に登り出す。
流石に降りるのはおっかないのかお父ちゃんがだっこしてやらないと降りれないが、歩くのが楽しくてしょうがないのだろう、とにかく前に行こうとする積極ぶり。

お母ちゃんはもう付いていけないので、常にお父ちゃんがハーネス付で追っかける。
何かと物議を醸しだしている幼児用のハーネスだけど、見た目が実際ペットじみてる以外は明らかに効果が大きい。
何せ繋げてるヒモの長さ以上は親から離れることが出来ないのだ。
その安心感は大きすぎるほど大きい。

娘の話に戻ってしまおう。
歩くだけではなく、大人のやることをよく観察するようになってきたと思う。
天橋立の神社へお参りに行った折、親二人が両手を合わせてお祈りしてるのをよく見てるのか、一緒になって両手を合わせるところまで出来るようになってしまった。
とにかく階段を上り下りできるのが楽しいのか、神社でも境内への階段を何往復もする度にお賽銭の前まで歩いてきては両手を合わせるところまでやり切ってしまう。

そして池田町は「こどもと木」へ遊びに行けば手押し機関車を悠々と押し引きしてお楽しみ。
お父ちゃんの(下手くそな)けん玉もまねしてお楽しみである。
去年来たときに比べるとオモチャに随分興味津々になってきた。

連休も残り半分。
ドコまで娘はアップデートして宇都宮へ帰るだろうか。