育児日記(不定期)

2017年10月10日 22:56

攻撃力:
投てき能力が付加され、主にお母ちゃんが昼夜を問わず哀れ尊い犠牲になって・・・る訳でもないが、残念ながら一番の””にはなってしまっているらしい。
とは言え、投げてはいけないものの区別も多少あるようで、例えば自ら望んだお茶などはなかなかコップごと引っくり返すこともそうそうなくなった。

機動力:
目覚ましい進化。
歩行に加えて高速走行も実現、追撃するお父ちゃんも何気に早足で歩かないと追いつかない次元に到達しつつある。
つくづく子供用ハーネスを購入しておいて良かったと本気でホッとしている。
最近では専用機であるロイヤルサルーンもなかなかの騎乗能力で乗りこなし始めた。
親の目が一向に離せなくなってきている・・・;
挙句に電池切れを起こすまでまさに情け容赦のない無類のタフネスぶりを発揮。
止められない止まらない、お主はかっぱえびせんか?と言いたくなってしまうくらい、ホントに良く動く。
先日帰省した折にも爺さん婆さんはもはや呆れ顔と言うか「あんたも昔はこうやったんよ~」としみじみ語られてしまった。
そんなもんらしい・・・。

通信性能
目覚ましい進化その2。
言語そのものは宇宙語と地球語のはざまをさまよっているのだが、親や周囲の言葉にうなずいたり嫌がったりと交渉性能は格段に向上している。
夫婦してびっくりしてしまうのが、諸々宇宙語で喋っていたのにふと話しかけると「うんっ!」とか「ワカンナーイ!」とか突然日本語になる瞬間があること。
成長の度合いが一番感じられて思わず涙してしまうことが一番多い能力でもある。

拡張機能
クレヨン、ボール、簡単な楽器など各種装備の運用は出来るようになったものの、細かい部分までは当然まだまだ。
と言うかちょっとでも尖ったり小さかったりするとむしろ危険度が半端ないので、そこまでの理解がもう少しわからないことには・・・と言ったところか。
最近指の動きで必死にチョキの動きを再現しようと練習中、但し全然できないので最後は機能停止して(お怒りになって)しまうので、多様は禁物なのである。

と言うかもう一月もたたずに2歳なのである。
いつの間に!?もう!?とか思ってしまうくらい、こんなあっという間なのだろうか。
わが愛娘は確実に成長していて微笑ましいのだけど、1年前の写真を見ながらあまりの時の速さにも愕然としまくっている今日この頃である。
スポンサーサイト

135mm幅のクロスに130mmホイールは良いのか

2017年09月25日 22:09

正直良いのか悪いのか、ネットで調べたせいもあって余計に判らん、と言うのが本音だ。
挙句に店によってすら、「おすすめできない」と「5mmでクロスバイクならあんまり変わらん」と物の見事に分裂してしまってもう話を聞きに来ているというかむしろ速く何とか修理させたい身としてはもう何が何やらであった。

まあ結論だけ言うと、ある意味掟破りと言うかタブーと言うか邪道と言うのか、結局130mmのホイールをぶち込んで治してしまった。
兎にも角にも業界の常識なのか、「135mmのクロスバイク用の交換用ホイール」なんてホントに置いてもないし、商品のラインナップにも殆んどと言うか頼んだ店のカタログにも全く無かったのだからどうにもならんかったと言うのが本当の所だ。
135mmだと軒並みMTB用のつまり極太対応のみ。
無いものネダリなんかやっている暇はない。
後まあこれは半分は私のうがった見方かも知れないけど、「クロスバイクでリヤホイールが逝ってしまうまで乗るケースがまずない」ってのと「普通はそこまで壊れたら買い替え」的な何となく”とっとと諦めたら?”
と言ったビミョーな上から目線で物を見られている感じがしてしまって、ただでさえ物持ちの良いと方法から言われ、延命癖あふれる私の心に火がついてしまったのがいけない。
生来の”天邪鬼”が非常に悪い方向に働いた形である、しょっちゅうやらかすのだが・・・
結局ちょっと躊躇しつつも130mmのホイールを、しかもそこそこ?のグレードのものをぶち込んでみた。

当然ながら基本ロードバイク用、なので細いタイヤと相まっていかにも軽そう。
と言うか実際問題多少なりとも軽い、何よりラチェット壊れ気味のホイールでしばらく走っていたのだから、回転の滑らかさにちょっと感動してしまう。
初代ホイールよ、お前はよく頑張ったんだな・・・と言うか頑張り過ぎたか。
インプの時と言い、どうも私は持ち物の限界寿命を平気で越えさせてしまうらしい。
結構危ないと言うか気を付けないとホントに足をすくわれそうだ。
気にしていたシフトの感触も余りと言うか全く変わっていない、都合最低でも片側2.5mm詰まっているのでシフト異常も最悪覚悟する必要もあったのだけど、フレーム自体はシビアなカーボンでも何でもないのでむしろその辺の”ゆとり”の影響はあるのかもしれない。

ブレーキもチェーンも一新したので、これから涼しくなる季節には非常に心地いいライドができると思う。

最近の自転車状況#2

2017年09月05日 00:49

クロスバイクの異音。
やはり一番の要因はヘッドでもBBでもなく・・・リヤタイヤのようだ。

ある時帰宅時にペダルを漕ぎ出したらどうにも具合が悪い・・・と思ったら異音がしない代わりにスプロケットが全く逆転しなくなってしまった。
つまり漕いでるときはもちろん、発進時などでペダルを逆回しに回して位置を直そうとしても全く回らない・・・、固着してしまったのである。
流石にビックリして帰宅後にクリーナーで必死こいて固着を溶かしに行ったら何とか逆転するまでには直ったものの、ただただ回すだけでもかなり・・・重い
抵抗感がありありな上にやはりとてもいい音がしない、ただ軸受にはまって回るだけなはずが大袈裟に言えば「ガリガリガリ・・・」とおっかないくらい摩耗しきった音を立てている。
なるほどここまでくれば寿命もいいところだな・・・と感心してはいけないのに感心してしまった。
こんなところが固着なんてホントにあるのだ。
そのあとも何回転か均しに均しまくってとりあえず回るようにはなったものの、焼け石に水なのか断末魔なのか先は長くなさそうだ。

今のところ動きに支障はないものの、相変わらずリヤタイヤからパキパキと怪しい音は立てるし、スプロケットの具合も良いとはとても言えない。
速く修理と言うかホイールを新調したいのだけど、時間がある時に限って別の用事に潰されっぱなしなので果たして・・・。