最近の自転車状況#2

2017年09月05日 00:49

クロスバイクの異音。
やはり一番の要因はヘッドでもBBでもなく・・・リヤタイヤのようだ。

ある時帰宅時にペダルを漕ぎ出したらどうにも具合が悪い・・・と思ったら異音がしない代わりにスプロケットが全く逆転しなくなってしまった。
つまり漕いでるときはもちろん、発進時などでペダルを逆回しに回して位置を直そうとしても全く回らない・・・、固着してしまったのである。
流石にビックリして帰宅後にクリーナーで必死こいて固着を溶かしに行ったら何とか逆転するまでには直ったものの、ただただ回すだけでもかなり・・・重い
抵抗感がありありな上にやはりとてもいい音がしない、ただ軸受にはまって回るだけなはずが大袈裟に言えば「ガリガリガリ・・・」とおっかないくらい摩耗しきった音を立てている。
なるほどここまでくれば寿命もいいところだな・・・と感心してはいけないのに感心してしまった。
こんなところが固着なんてホントにあるのだ。
そのあとも何回転か均しに均しまくってとりあえず回るようにはなったものの、焼け石に水なのか断末魔なのか先は長くなさそうだ。

今のところ動きに支障はないものの、相変わらずリヤタイヤからパキパキと怪しい音は立てるし、スプロケットの具合も良いとはとても言えない。
速く修理と言うかホイールを新調したいのだけど、時間がある時に限って別の用事に潰されっぱなしなので果たして・・・。
スポンサーサイト

最近の自転車状況

2017年08月06日 22:48

①漕いでる状態で「カキッ、カキッ」と変な異音がし出した。
最近行くようになったチャリ屋の初見ではヘッドかペダルのベアリングのグリス切れかも知れないとのこと。
ベアリング交換になったら結構掛かると言われたけど聞かなかったことにしよう。
買った店に見てもらう方が一番コスト的にも良いからと次回持ち込むつもり。
ついでに言えば点検もろくにしてもらってないせいで、微妙にアチコチボルト類のトルクも緩んでる部分もあるから、一度徹底的に見てもらったほうが良いとのこと

②ボトルホルダーを買ったはいいのにしばらく使ってなかったのだけど、今年の暑さがいつも以上でかなり参っているので、ホルダーに乗せても大丈夫な水筒でも調達しようかと画策中。
値段もそんなに高くないし。
と言うか今年は気温以上に暑い気がしてならない、少なくとも自転車に乗るようになってからは一番厳しいと思う。
夏になっても特に減量もなかった自分が今年に限って既に2キロほど”痩せて”しまった。
ダイエットできてますって自慢する必要なんかまるでなくて、そもそもそこまで減る必要もないのにこれはヤバいのではないかとむしろ危機感が募る。
仕事のせいもあって熱中症になってなければいいのだが。

③一方で雨は去年よりやはり少ない、気がする。
少なくとも合羽の出番は少なくて済んでるので、自転車の車体の汚れとか砂の付着もそこまで酷くない。
一度雨に遭遇すると結局泥だらけでチェーンのオイルも一気に流されてしまうので、綺麗にし直す必要は変わらないのだけど、頻度が少ないだけ楽ではある。
ついでに言えば最近使ってるクリーナーは割高とは言え、代わりに洗った後の調子は確かに今までで一番良いと思う。
洗浄後に走ってみてもチェーンからの音が一番小さくなっているのが判る。

④タイヤ
25まで細くしたタイヤ、こいつは流石に正解だった。
アシの軽さは前のタイヤに比べたら驚異的ですらある、25でこれってロードバイクの23とかどうなの・・・。
唯一怖かったのが雨の日に滑るかどうかだけど今のところ、雨だろうが何だろうが一向にグリップ感は変わった感じは受けず危ない目にも遭ってもいないから安心している。
冬場の路面でどこまでそれが維持されるかは確認してみるしかないが・・・、多分凍結でもしない限りはしっかり喰い付くだろう。

ほぼ満3年自転車に乗り続けてきてるのが自分でも結構驚きだったりする。
ハマると長持ちが私の性癖と言うか性格なのだけど、ここまでやれるとは・・・と言うのが正直なところ。

予防歯科と言う考え

2017年07月17日 00:31

かれこれ一月以上は歯科医に掛かっている。
のだけど、実の所歯石取りやレントゲン、さらには唾液検査までやってはいるものの、実は虫歯の治療そのものは一切やっていない。
と言えば不思議に思われるだろうか。
むしろ人によっては”金と時間の無駄使い”と言う人もいてもおかしくないだろうなと思う。

そもそも、虫歯「かも知れないから」と言う程度の非常に軽い感じで行ってみた歯医者で、「虫歯にならないための治療」を説かれて・・・いや実際勧められたというよりは説かれたと言う方がホントに正解だ・・・、幸か不幸か多少治療に割く時間を工面することは出来たので(妻も結構理解はしてくれている)、折角だからそのまま乗っかってしまったと言うのが正解かも知れない。
実の所、虫歯自体は親不知を除くと全く無いのだ。
下の歯の親不知が二本とも残してはいるものの、両方とも角度がおかしい上に隙間から虫歯になっているのが一本あるから、最終的には抜くべきだろうと言われている。
これくらいである。
後は歯周ポケットを診てもらい、唾液検査もしてもらい、歯磨きでの落とし具合も診てもらい、そして歯石とかの掃除をしてもらい・・・。
要するに「あなたの歯とか口の中は今こんな状態で、今後はこうしたらずっと健康です」的な口の中の健康診断をずーっとやってた感じである。
自分自身の歯について延々一月以上も講義をされたようなもんなのかも知れない。

そんなことを随分とあれこれ聞いたり説かれたりしたおかげで、聞き分けがいいのか騙されやすいのか。
今では歯磨きの仕方も直し、夜寝る前の歯磨きに至ってはフロスを使ったりフッ素の洗口剤まで使って結構本気で歯を守る行動に出ているのだから恐ろしいと言えば恐ろしい。
だがしかし、「今虫歯でなければそれで良い」と言う考え方は確かに改めるべきなのは十分理解したので、いっそ騙されたなら騙されたまま色々手を付けてもいいだろうと、自分なりに納得したのだからしょうがない。
何せ永久歯で残っているのは27/28本、虫歯の治療も6本(平均は11本程度らしい)と今までは平均以上で至極まともな口の中でいるから何も不都合も無い訳で、今後もこのままで維持できるなら楽なことこの上ない。

こんな話をしてみると皆はどう思うだろう?
唾液検査は保険外:3000円程度かかるしレントゲンもそれくらい払った。
毎回の治療費も時間もなかなかバカにはなっていないのが真実だ。
それでも治療を受ける価値がある?時間の無駄?
判断はその人次第だろう、実際の所痛いところの治療だけして止める人も多いらしいし、治療前にどうするかはっきりと医者に聞かれたので、選択肢はちゃんとある。
私の場合は幸運にも時間もあり、正直「色々検査して自分の歯のデータが診れるならいっそ面白そうだ」と変なやる気を見せてしまったのだからいけない。

ただ、騙された結果何年も後でも歯がちゃんと機能しているなら悪い話ではないだろう、そう決めた。
予防歯科までやっている歯医者はまだそこまで多くないらしいけど、お勧めできる価値はある
私の治療が一段落したら妻も試させて診ても良いかも知れない。