身体の具合

2017年11月19日 22:19

2~3年ほど前に整体、と言うより単なる揉み解しに言った折に結構言われたのが「大分腰が固くなってるので、ホントにぎっくり腰になりかねないから注意したほうが良い」と言うことだった。
半分か三分の一は店のお姉さんの商売っ気もあったかも知れないが、実際の所腰背中の状態はそれ以前から今の今に至るまではっきり言って”悪い”まんまだ。

兎に角風呂に浸かりながら自分で肩を揉んだりしてみても、日によるとは言え明らかにガチガチなことが大半なのだ。
普段がデスクワークなのでそもそも姿勢がほぼ固まってしまうことが何より大きい理由だと思う。
毎日クロスバイクで走って通勤していても、一番身体を動かしているのは腰より下の脚部ばかりなので体力は流石に向上しているとは思うけど、かと言って腰や背中が良くなるわけでは当然ない。
今日になって久方ぶりにまた揉み解しの店に行ってしっかりと背中も腰もグニャグニャと揉んで・・・と言うよりどちらかと言うと握力で潰してもらうような・・・感じがしなくもなかったけど、1時間ほどひたすら解して(ほぐして)もらってみた。

施術してくれた兄ちゃんはさすがに栃木県民なのか妙に自転車に詳しかったようで(整体とは別に自転車屋もやってるらしい)、私のカバンの銘柄が”BIANCHI”だったのを目ざとく気が付いて自転車の会話も何故か盛り上がってしまったのだけど、やはり感じとしては「大分腰と背中が固いですね・・・」と少々心配されてしまった。
嫌なのは腰の具合がヘルニアと言うほど悪い訳でもないのだけど、どうにも影響は良くないようなのか腰回りを解してもらってるのに、痛いと言うか痺れるような感覚が起きるのが実は太腿だったりすることだ。
ヘルニアでよくある神経を圧迫しているとかいう例の状態が、多少なりとも私の背骨にも起きているのだと思う。
そもそも何年か前に実際太腿が痺れるような感覚に襲われて整形外科に掛かったら、案の定「軽度のヘルニア」で左の脚の神経を圧迫しだしているのが判ったことが有るので、恐らく今でもその症状は残っていると思う。
何せ軽度とは言えヘルニアになっている腰がそんな簡単に治ってくれる訳はないのである。

今の今まで深刻な腰の症状になっていないのは、兎に角重い物を持つ時や体全体を使う時に十分用心しながらやっているからだ。
娘を抱っこ紐で運ぶ時も、意識的に姿勢が悪くて負荷が入り過ぎないように警戒してはいるものの・・・実の所抱っこ紐を外すとかなり腰が痛いので、もっと気を付けないといけないのかもしれない。
仕事の内容がすぐに変わる訳がないので、ホントは大人しくもう一度整形外科に掛かって”治療”の世界に入らないといけないのが事実なのだろう。
なかなかそんな長期戦が望める状態でもないのが最大の問題なのかも知れない。
スポンサーサイト

この子と同じ誕生日のお方は??

2017年10月24日 00:00

島田愛里寿の誕生日、ではない!
まさかそんなキャラと誕生日一緒とか、勘弁してくれ・・・なんて突っ込んでいる暇がない。
日が変わる前にちゃんと書いておかないと、と思っていると余計なことばかり頭に思い浮かんでしまうのだから生来の物を書くのが下手くそなのが、ここでは大問題である。

もう後何分か、正確にはあと7時間程度後でうちの姫様兼ご主人様兼マスター兼ライダー兼バーサーカー兼ランサー兼ええっと他には・・・、いやまあ肩書はこの辺でいいだろう。
こんなに1年は早いものなのか、と少々恐ろしいくらいあっという間に2年が経った。
誰のおかげでもあるし誰のおかげでもない、娘は一層健常なまましっかりと2歳を迎えることと相成った。
産まれたばかりの写真とか1年前の誕生日周辺の写真とか動画を見ても、ただひたすら妻と二人で「これ1年前!?」と感動と言うより絶句驚きの連続である。
子供の成長ってホントに早い。

もう少しすればたくさん言葉も覚えて、ドンドン大きくなっていくのだと思うと感動してしまうやら微妙に寂しくもなってしまうやら。
親と言うのはなかなかある意味わがままなもんだとも思う。

子供が2歳、と言うことは私もお父ちゃん3年目に突入なのである。
この子にふさわしいお父ちゃんに私はちゃんと成れるのだろうか。
子供よりも親が問われる時期もドンドン迫ってくるのだろうと思うと、子供より不安になってくる自分も居るが、そんなことをまるで気にせず今夜も娘は元気にお母ちゃんを振り回した挙句にいまやぐっすり夢の中だ。
いや、そんな普通のことが出来ることを何より感謝すべきだろう。

またうちの宝物が元気に大立ち回りする1年を見守る日々が始まるのである。
次の1年、またちゃんとお父ちゃんするぞ。

育児日記(不定期)

2017年10月10日 22:56

攻撃力:
投てき能力が付加され、主にお母ちゃんが昼夜を問わず哀れ尊い犠牲になって・・・る訳でもないが、残念ながら一番の””にはなってしまっているらしい。
とは言え、投げてはいけないものの区別も多少あるようで、例えば自ら望んだお茶などはなかなかコップごと引っくり返すこともそうそうなくなった。

機動力:
目覚ましい進化。
歩行に加えて高速走行も実現、追撃するお父ちゃんも何気に早足で歩かないと追いつかない次元に到達しつつある。
つくづく子供用ハーネスを購入しておいて良かったと本気でホッとしている。
最近では専用機であるロイヤルサルーンもなかなかの騎乗能力で乗りこなし始めた。
親の目が一向に離せなくなってきている・・・;
挙句に電池切れを起こすまでまさに情け容赦のない無類のタフネスぶりを発揮。
止められない止まらない、お主はかっぱえびせんか?と言いたくなってしまうくらい、ホントに良く動く。
先日帰省した折にも爺さん婆さんはもはや呆れ顔と言うか「あんたも昔はこうやったんよ~」としみじみ語られてしまった。
そんなもんらしい・・・。

通信性能
目覚ましい進化その2。
言語そのものは宇宙語と地球語のはざまをさまよっているのだが、親や周囲の言葉にうなずいたり嫌がったりと交渉性能は格段に向上している。
夫婦してびっくりしてしまうのが、諸々宇宙語で喋っていたのにふと話しかけると「うんっ!」とか「ワカンナーイ!」とか突然日本語になる瞬間があること。
成長の度合いが一番感じられて思わず涙してしまうことが一番多い能力でもある。

拡張機能
クレヨン、ボール、簡単な楽器など各種装備の運用は出来るようになったものの、細かい部分までは当然まだまだ。
と言うかちょっとでも尖ったり小さかったりするとむしろ危険度が半端ないので、そこまでの理解がもう少しわからないことには・・・と言ったところか。
最近指の動きで必死にチョキの動きを再現しようと練習中、但し全然できないので最後は機能停止して(お怒りになって)しまうので、多様は禁物なのである。

と言うかもう一月もたたずに2歳なのである。
いつの間に!?もう!?とか思ってしまうくらい、こんなあっという間なのだろうか。
わが愛娘は確実に成長していて微笑ましいのだけど、1年前の写真を見ながらあまりの時の速さにも愕然としまくっている今日この頃である。