目立つが勝ち(夜の場合)

2018年07月15日 22:33

フロントライトを買い直した。
買い直したと言うより、今まで使っていたのが充電故障で使えなくなってしまったのだ。
最近のはUSBでも充電できるので非常に簡単なのだけど、先週になってUSBケーブルで繋いでいる間はちゃんと明かりが点くと言うに、外した瞬間全く音沙汰無し、スイッチを長押しすると電源切れの赤いランプが怪しく灯るだけになってしまった。
充電池の故障なのか何なのか、いわゆる直結でしか通電しなくなってしまったようだ。
過去に1度か2度ほど落下させてしまったこともあるのだが、その際にはびくともせずに明かりもちゃんと灯ったのでそれが直接の原因ではない・・・とは思う。

電気系統の部品になるので、当然ながらそこそこ寿命が来るとあっという間に終わるのは事実だ。
機械系統と異なるのは、その寿命の予兆がほとんど判らないことだと思う。
昔の乾電池式のように明らかに電池切れ寸前で明かりが小さくなるならともかく、今回は結局予兆も何もなく、ある日から一切灯らなくなってしまった。

結局自転車屋で新しいフロントライトを買い直すことになったのだけど、実の所前と全く同じものを購入した。
2年ほど使っていたのだけど明るさと言い照らせる範囲と言い十分な感じがしたので、そのままの使い勝手が欲しかったからだ。
我慢が不要ならそのまま使い込むのが一番楽だし慣らしも要らないので安全だと思う。
スポンサーサイト

自転車も自動車も・・・

2018年07月07日 21:39

タイヤチューブ、ブレーキシューに続いて、とうとうチェーンまで交換工具含めて買ってしまった。
何と言うか、”沼へのハマり具合”はクルマに乗っていた時より断然酷くなっている気がする。

クルマと大きく異なるのはその必要な経費も弄る際の労力も段違いに小さくて済むこと、ジャッキやリフトなど専用の設備が(基本的に)ほとんど必要無いこと(クロスバイクを保持出来れば何ら問題なし)。
更には勿論事故の危険性はあるものの、失敗するリスクもした時のトラブルもそこまで過大じゃないことだと思う。
勿論、ブレーキにせよチェーンにせよ一発ミスすれば事故ってあの世行き・・・な可能性は当然あるので、作業には十分気を付ける必要があるのだけど、トラブって動けなくなった時の世間への迷惑ぶりまで考えると、クルマなんかの比では全くない。

それに自転車屋にもそういった工具が普通に置いてあるし、店員に聞いても
「この辺の工具があればOK、後は困ったら取説代わりにようつべにも動画が有りますよ?」とぶっちゃけられる始末なので、やろうと思えばやってる人はそこそこいるのだと思う。
まあちゃんと擁護すれば店員さんからも「チェーンに圧入するピンが必須だけどこのチェーンに入ってますよ」とか、「新品チェーン装着時に長さ合わせが必要ですよ」とかのアドバイスはちゃんと伺えたので、そこそこの前情報は入手出来ているのは安心である。
しかし、店員から”ようつべで動画”確認なんて言葉が出る時代になってくるとは・・・。

おりしも何せこの天気なので作業開始はいつになるやらである。
明日にでも晴れてくれないものか、と思うが・・・世間様のあの惨状を見ているとそんな期待をしている場合では到底なさそうだ。
私の作業内容なんか知れているので、そこは慌てずに時間を確保するのが最善なのだと思う。

まだまだ先の話・・・?

2018年06月14日 23:34

久々のブログでございます。
が、実は未だに自宅のネット環境は成立していません。
何と言うか私の偏見か?と言ったらあれだけど、この手のIT系と言うかデジタル系の企業の対応の悪さは何だろうか、と何度もやりとりしている中で、だんだん私も妻も不満がたまってきてしまっている。
少なくとも栃木転勤の際にはこんな様では無かったのだが・・・、遅い上に何度問い合わせても「マニュアル通り」じゃなくむしろ、「そんなこと言われてもうちは知りません」感をスゴイ醸し出していると言うか溢れまくってて、結構イラッとさせられている。
そんな不満我慢を強いられながら、こうやって隙を見てPCにネットを繋いだりしているものの、なんか大人しく待つより手を打ったほうが良いのでは・・・と言う気が再び頭をもたげてきた。
我ながら我慢強いと言うかこの手の対応の悪さは腹が立っても見切りをつけるまではそこそこ辛抱強い方だと思っているけど、やはり物には限度があると言うことをいい加減現実化したほうが良いのだろうか。

そんなところを除けば(そんなところがなかなか重症なのだが・・・)、何せ一度住んでた街でもあるので愛知での生活はいたって平穏だったりする。
娘の遊び場も意外と多いことを今更発見できたし、クルマ大前提の県だけにいったん高速でも使えば県内外色んな所に出掛けることも十分可能。

生活と言えば通勤は相変わらずクロスバイクで突っ走りまくっているのだけど、栃木よりは距離も短くなったのが良いのかどうか。
10km→6km程度まで減ったので、運動量もそこそこになったと思う。
体重に響かなければ良いのだが・・・。
距離が減ったのとやはり他の通勤車両が多い上に、運転手も道路も栃木ほど「自転車慣れ」していない感じが強いので、快適に長距離巡行、とはいかない。
信号も多いのでやたら止められるし、道も狭いのでクルマに気を遣って速度を落とさないといけないこともままある。
クルマからすれば法令通り車道を走る私の存在がうざったくてしょうがないだろうが・・・、まあそこはお互い様なのだ。
そんな感じなので、マラソンより短距離加速のような通勤になっているのが実情だ、体力より筋力の方が付きそう。

とは言え、専門の自転車屋も実は何件かちゃんとあって、しかも対応も品揃えも頼れるから、決して自転車通勤が不向きな環境でないことは大助かりだ。
雨も風も少なくはないとは言え、絶句するほどではないのでさほど障害にならない。

こんな感じで、後はほんとに自宅のネットだけである。
家族の生活に致命傷では全くないのだけど、何と言うかこう、「有って当たり前」感がいとも簡単に潰されてしまっているこの微妙な感じがいかんともしがたい。
”完全に”生活が落ち着くには残念ながらもうしばし忍耐が必要のようだ、要らんかもしれんが。