いっそ別路線 #wot

2018年02月02日 00:07

Twitterでもボソッと話したけど、年始のイベントにかこつけて戦車を2両も一気に購入してしまった。
但し、折角買えるのだから(フリー経験値も一気に使える状態になってたのも非常に大きい)、今までの自分の傾向とはだいぶ異なる方向に一度舵を切ってしまおうと企んだ挙げ句に、以下の2両を購入。
おかげさまで、傾向が違うと言うことは今までの操作感覚ではまるでダメだと言うことを痛感しまくりながら、恐る恐る慣熟に精を出している今日この頃である。

【Ferdinand】
shot_013.jpg
フェルディナンド、と言うかエレファントと言った方が有名かも知れない。
久々の固定砲塔駆逐戦車、そして久々のドイツ製だったりもする。
何でかソ連・英国に傾倒してしまった反動で米独はメインで扱っている戦車がほとんど無い状態だったのだ。
なので、久々にドイツ車を・・・と言ったまではまともだった動機なのに、気が付けばわざわざ駆逐戦車を買ってしまっていた。

【EmilⅡ】
shot_012.jpg
更に明後日の方向(少なくとも私の嗜好では)に飛んでいきながら開発してしまった、一般的には世にも珍しいスウェーデン車。
Ferdinandもtier8となかなか高tierなのに、こいつは一気にtier9まで開発である。
存外にフリー経験値をぶち込んでしまったのは言うまでもない。
AMX50/100 以来の自動装填車両でもある、似た者同士と言えなくもないものの(自動装填に揺動砲塔)何だかんだでその出来はずいぶん違うもんだと、やっぱり使い始めてから思い知っている。

使い勝手は?
そんなことが語れるほどまだ使い込んでもいないのが困りもの。
もっと腕前もあってやりこむ時間も確保できればね・・・、なんて言い訳してもしょうがないけど。
実際の所「こいつはこんな感じの子」なんて言えるほど判っていない感じなので、その辺はもっとしっかりしたwikiとかでどうぞ。
と言うのが無難な話だと思う。
スポンサーサイト

明けました 2018

2018年01月01日 10:29

今年も妻子共々宜しくお願い致します。
毎回書くたびに「こんなのを読んでいる人が果たして何人おるんじゃろうか・・・」とか思っていますが。
私自身の家族も含めた生態記録として残すだけでもそこそこ意味は有ると思い、まだまだ時間の許す限り継続していきたい思いです。

子育てなり戦車なりはたまた他のことなり、色んなことを雑多に書いていきます。
皆さまも良い新年を。

人生36年

2017年12月25日 21:02

敦盛舞う知見も技量も無い。
にしてもあっという間に1年が過ぎていった気がする。
何にせよ、家族が増えてから二年、私の誕生日を迎えたのも二度目だ。
日々の出来事が一人分?少なくともかつてより圧倒的に増えたおかげか、本当に時の過ぎるのがどんどん早くなってきたように感じるのは、ただ自分の年齢のせいだけではあるまい、と思う。

毎日のやること、見ること、考えることが増えた、と聴こえが悪いように言えばただただ大変になっただけだけど、わが愛娘に日々振り回されながらその成長を見届けている満足感はとても大きい。
何と言っても子供の成長の速さと大きさには感心させられっぱなしだ。
親の務めはハードだし、責任も危険もアメアラレ。
休まる暇も自分の時間も(妻にしても一緒だけど)だけど、それにもまして達成感が圧倒的で、省みれば親となって良かったと思う。
そんなことを言えるのはまだ娘が2歳だからなのか、余裕が出たのか、まあちょっと自分でもわからない部分でもある。

少しずつ、自分の人生だけじゃなく、娘の人生を見届けるための、次の一年を過ごすようになってきている自覚はある。
次の一年は、どんな娘の姿を見届けることになるだろう。