生存確認(まだネット繋がっていません)

2018年05月20日 21:32

引越ししてから一か月超。
未だ自宅のネット環境は整っておらず、ただいまレンタル中の無料WI-FIで凌いでいます。

どうだろうかな、ブログ書き出してから10年越えていると思うけど、ここ「だけ」確認している人が居なくも・・・無いのか?

ともあれ、簡潔なものの4月から愛知県への転居転勤は、すったもんだしながら結果的には無事に完了しています。
家族の状況も仕事の状況もさほど良くも悪くもならず。
家族は今月連休明けになってよりにもよって3人まとめて順に風邪を引くと言う悲惨な目にあったがな・・・。
ついでに言えば転勤早々、しかも連休直前にまたタイヤがパンクして丸々チューブもタイヤも交換したけどね・・・。
一筋縄ではいかないのが人生とはよく言ったものだ。
おかげで転居先の医者も新しい自転車屋も見付けることが出来たので、何も悪いばかりではない。

次のご報告は恐らくネットが「ちゃんと」開通後、になるだろう。
その折には記事を更新しますので、なにとぞ。
スポンサーサイト

宇都宮最後の夜

2018年03月29日 21:57

宇都宮を去るのも何気にこれで二度目だ。
とは言え、この引越し前の、妙にガランとしたような家の雰囲気はやはり独特だ。
家族が出来て、子供もいて、独り身での移動と比べるとはるかにおおごとになっているのだけど、やはりこの出る前の妙なテンションと雰囲気は、不思議と言えば不思議だ。

寂しいのか嬉しいのか、もう引越しも数回もの経験に渡ると言うのに(多分そこそこ多い方だとは思う)、妙な気分になっているのは間違いない。

仕事の方は、先回に比べると実ははるかに後を濁さずに済みそうな感じでその辺は少々安心している。
行った先の仕事がどんなものかが相当不安なのだが・・・その辺はあまり考えない方がよさそうだ。

兎にも角にも、明日荷物を送りだし、部屋を引き渡す。
大きな変化の年を無事に迎えるよう、運転は心がけよう。

引越しほぼ1週間前

2018年03月21日 22:03

会社から内々の指示を受け、移動の準備を進めてたら気が付けばもう一月過ぎてしまった。
何というか、もう来週には愛知に転勤なのにまるでその実感がわいてこないと言うか、少なくとも仕事の面ではまるで引継ぎをして「立つ鳥後を・・・」なんて言ってられる状況じゃない。
確か、ちょうど4年前に愛知から二度目の栃木転勤の時も同じような・・・と言うよりさらに酷かった記憶もある。
その辺の気づかいと言うか時間くらいちゃんと欲しいものなのだが、今のこのご時世皆そんなことに気を遣うような余裕もないらしい。

とは言え、一部だけ自分の管理内容を引き継がせることには引き継いでもらった。
まあCATIA(と言うCADソフト)全体の保守管理なので、トラブったら業者と管理部に連絡して手配、程度のお仕事だから判れば誰でも可能なのだが。
引越しの準備は新しい住処が決まってからと言うもの、妻が要らんものを捨てまくり片付けまくりで文字通り大車輪どころか大雪山降ろしのごとく動きまくってくれたので、引越し前にして家の中がやたらスッキリしてしまっている。
そんなに捨てるもんがあったんか・・・と少々絶句してしまうのだけど、実際普段まったくやらない人が突然本気で断捨離なんかするとこうなるものらしい。
大暴れ大好きな2歳半の娘片手によくやるものだ。
おかげで私がやったのは会社との交渉と自分の服と漫画とかの本の処分、そして大物のごみ捨て、そして妻へのご褒美のおやつ(これ重要)、結構少なくて済んだ。
まあ後は、引越し先の契約書類をひたすら書きまくったのだが、どうにも不動産屋の不備で一部はもう一回書き直しらしい。
難儀な話だ。

しかし、話は戻るけど本当に実感がない。
歳をとって何か環境が変化することに対する感性が鈍化している気がしなくもないし、昔みたいに「ヤバい、引越しだ!」みたいな妙にハイテンションになることも無く淡々と手配が進んでいるせいかもしれない。
何せ、大学時代からしたらもう5~6回は引越しを経験しているので、住処が動くことにも慣れているのかも知れない。

いずれにしても残り1週間ちょっとの栃木での生活を綺麗に終わりたい・・・、多分無理。
スゴイドタバタしながら去ることになると思う。
そして今の愛知の部署はどうなんだろうか、聞くだけ聞けばまあ所詮同じ会社なので栃木同等か下手するとそれ以下・・・。
考えるのはやめておこう。